偶然のチカラ

偶然のチカラ

作者名 :
通常価格 658円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人生に起こるさまざまな事柄――それらは、偶然のようにもみえ、一方では運命とも思える。不確実な現世のなかで、身に降りかかる幸不幸を、私たちはどう考えるべきなのだろう。未来が見えないとき、いったいどうしたらよいのだろうか。ストレスなく、楽しく暮らすためには、何が必要なのだろうか。占い、確率、宗教、スピリチュアルを超え、偶然のしくみを知ることから始める、幸せに生きるための新しい方法論。【目次】はじめに 偶然とは何か/1 自分で選択するべからず/2 世の中にはどうにもならないこともある/3 自分の身に起こったことはすべて必然と考える/4 たかが確率、されど確率/5 思いは全部どこかでつながっている/6 いい流れには黙って従う/7 すべてはなるようになる/注/あとがき

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年04月22日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「偶然のチカラ」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年05月30日

最近、「運・不運」「必然・偶然」がマイブームです。この本で著者は多彩な話題でそれを語っていて、読んで興味を持った所は更に自分で深掘りしていけば良いと思います。ちなみに僕は南方熊楠のマンダラや仏教の縁起、確率のベイズ理論などをもっと知りたいと思いました。『起こった事は全て良い事である』、きっとこの本を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月06日

「人は自分自身が下した決断からはなかなか自由にはなれない。だから、いいセールスマンはこちらから説得するのではなく、相手が自分で決断を下せるように導いていくのである。」

「神は嫉に深いゆえ、コウフクナ人間でも一転して奈落に落とされることもしばしばである。それゆえ幸福のうちに生涯を終えるところまで見届...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月11日

なんとなく気が付いていることを言葉に、活字にされるととても気持ちがよい感覚になる。本書はまさにそんな本。どこかで気づきながらも、言葉で理解していなかったことがいかに多いか。楽しめた本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月23日

運勢について学者が書いた本。
科学的で、とても興味深い。なんか決定版のような気がした。
どこかの社長が書いてるような啓発本とは一線を画する。

最後のページに、まとめが書いてあるので、そこだけ読んでもいいが。

運が悪いなと思ってる人は読んだ方がいい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月20日

人はみんなどこかで繋がっていることを、精神論だけじゃなくて理論的にも教えてくれる本。
自分の流れを意識して、その一瞬の縁起を大事にしたいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,919

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!