復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる 2

復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる 2

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

国の繁栄を願う人々により、ワガママ幼馴染の巻き添えで異世界召喚された瑠璃。
邪魔者として森に捨てられた彼女は、竜族のチェルシーに保護され、自分が精霊に愛される「愛し子」だと知らされる。
森での生活に慣れてきた頃、チェルシーから世界を知り今後の生き方を考えるため、竜王国に向かうことを勧められ……。
魔法の腕輪の力で白猫に変身し、旅立った彼女を待ち受けていたものとは――?

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
FLOS COMIC
電子版発売日
2019年02月05日
紙の本の発売
2019年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
97MB

新刊オート購入

復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる 2 のユーザーレビュー

    購入済み

    楽しい❗️

    つき 2019年09月20日

    すごく面白いです。続きがめちゃくちゃ楽しみですよ。原作も少しずつ買って読んでいるので最終巻まで買います!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    可愛い!

    むう 2019年06月13日

    兎に角、可愛い! 私もルリを抱っこもふもふしたい !! 陛下の溺愛っぷりもグー! 新刊が待ち遠しいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月09日

    表紙がものすごく可愛くてほんわか。2巻ではルリはほぼ白猫モードだった。タイトルに偽りなしw ヨシュアいいやつ。ジェイド様の探し人は目の前だよー。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    もっふもふ❤

    ゆず 2020年05月06日

    猫ルリちゃんとジェイドさまのべったりもっふもふライフが幸せすぎてつらい…!二人ともほんと可愛い…❤
    でも次はあさひに会いに行かねばなんですね…会わせたくないなぁ…← だってせっかくルリちゃん幸せに暮らしてるのに…とにかく変にこじれませんように…!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    面白い!

    Mukku 2020年05月19日

    妖精最高!部屋が埋まるほどの妖精に笑いました。しかも性格がブラック!
    続きが楽しみデス。陛下の猫ルリはまりも面白い。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    Yuki 2020年01月26日

    Web版小説既読です。2巻も面白い!ルリはほぼ白猫のままですが、白猫姿のルリにジェイド様でれでれwルリとジェイド様の同衾も拝めます(ルリは白猫のままだけどw
    ルリが家出したと勘違いしたジェイド様の取り乱しっぷりも微笑ましい^^
    絵師さんの絵柄も可愛いく美しいし、
    小説既読の人にもお勧めです。

    このレビューは参考になりましたか?

復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる 1
    ワガママ幼馴染に巻き込まれ、異世界に召喚された瑠璃。 召喚された先では、幼馴染のあさひが巫女姫さま!? 一緒に召喚されてきた元同級生たちにより、邪魔者の瑠璃は一人森に放り出されてしまうことに……。
  • 復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる 2
    国の繁栄を願う人々により、ワガママ幼馴染の巻き添えで異世界召喚された瑠璃。 邪魔者として森に捨てられた彼女は、竜族のチェルシーに保護され、自分が精霊に愛される「愛し子」だと知らされる。 森での生活に慣れてきた頃、チェルシーから世界を知り今後の生き方を考えるため、竜王国に向かうことを勧められ……。 魔法の腕輪の力で白猫に変身し、旅立った彼女を待ち受けていたものとは――?
  • 復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる 3
    ワガママ幼馴染・朝陽に巻き込まれ、異世界に召喚された瑠璃。 妖精に愛される「愛し子」だった彼女は、不思議な腕輪の力で白猫に変身したまま、 竜王国の客人として迎え入れられ、竜王様と仲良く日々を送っていた。 そんなある日、朝陽が残るナダーシャ国と竜王国の戦争の知らせが。 ありすぎる戦力差から竜王国に動揺はないものの、 開戦するとナダーシャ国民は困窮するという…。 しかも戦争の理由は...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています