あやしバイオリン工房へようこそ

あやしバイオリン工房へようこそ

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
紙の本 [参考] 627円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

楽器販売店をクビになり、衝動のまま仙台に向かった惠理は「あやしバイオリン工房」と書かれた看板を見つける。そこには男性店主の他に、伝説の名器ストラディヴァリウスの精が棲んでいた!? 店主以外の人には見えないはずのバイオリンの精・弦城の姿が見える惠理は、成り行きで、工房に持ち込まれる不思議な事件に巻き込まれる羽目に…。心温まるあやかし事件簿。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2018年03月16日
紙の本の発売
2018年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

あやしバイオリン工房へようこそ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年03月25日

    久しぶりに、うちの子を弾きたくなった。もう拗ねてるかなぁ。拗ねてないといいなぁ。ここまで楽器と心つながるのは、羨ましい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年03月20日

    バイオリンの事が大好きな社会人女性のお話です。学生の頃に夢見ていたバイオリニストへの道に挫折したことをきっかけにバイオリンを弾くことをやめていた主人公があやしバイオリン工房での出会いや出来事により、ふたたびバイオリンと向き合うことになるというお話。ハッピーエンドで読んだ後もスッキリでした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています