ぼくたちはこの国をこんなふうに愛することに決めた
  • NEW

ぼくたちはこの国をこんなふうに愛することに決めた

作者名 :
通常価格 831円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

子供たちの独立国家は、本当に実現するのか? そこで浮き彫りになる、日本の現在(いま)とは? 本書は、竹島問題、憲法改正、象徴天皇制などのアクチュアルなテーマを、架空の小学校を舞台に平易な言葉で論じる、18世紀以前にヴォルテールやルソーなどが得意とした「小説的社会批評」だ。謎の園長・ハラさんが経営する小学校に通う、主人公の小学生「ぼく(ランちゃん)」とその仲間たちは、知性と個性に彩られた不思議な大人たちに見守られながら、少しずつ自分たちの「くに」を創り始める……。 【目次】プロローグ/1・いろんなことを最初に書かなきゃならない/2・「くに」ってつくれるんだ/3・最初に「こっき」をつくってみることにした/4・ぼくたちの学校/5・ぼくには得意ワザがない/6・肝太先生/7・肝太先生のおはなし/8・ぼくの家の「憲法」たちのこと、そして理想先生のこともちょっと/9・「憲法」の中にいる悲しいひと/10・キヨミヤくんのこと/11・おとうさんと夜に/12・公衆道徳を守りましょう/13・ママ、アイ・ラブ・ユー/14・「名前のないくに(仮)」/15・@名前のないくに(仮)/16・@アイと雪の女王/17・不思議の国のお茶会/18・「名前のないくに(仮)」建国宣言、ではなくて、建国のことば/19・ハロー&グッバイ、マイ・フレンド/エピローグ/あとがき――「君たち」から「ぼくたち」へ/参考文献

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
296ページ
電子版発売日
2018年01月26日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年01月20日

新書の体裁をとった小説。やっぱり高橋源一郎の論ずる国家論は響きます。小説の形態をとることによって、普遍性を持たせることにも成功している感じ。ところで、今流行りの『どう生きるか』って、こういう内容なんですね。著者のあとがきでも触れられていたけど、同じ時期に発刊されたのは偶然だったみたい。件の作品は未読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月30日

なかなか面白い内容でした。
少し、子供であることを出汁にして
不自然な言い分を展開しているところもあるような
気がしますが。本質的な内容や国家とは・天皇制とは
とい部分がきっちり展開されていると思います。
南方熊楠と昭和天皇のこと。本との出会い。
いろいろおもしろいと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月03日

高橋源一郎さんの昨年12月に発売された本です。
この本の前に、期せずして「君たちはどう生きるか」(吉野源三郎)を久しぶりに読んだのですが、この本を読み進める中で内容がシンクロしてきて、いろいろと考えることができたように思います。

「国」について、昨年から根源的に考えさせられるような流れが強まってい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月31日

国ではなく「くに」を作るプロジェクトをたちあげたランちゃんたち。高橋家がそのままモデルなのだろうなぁと思いながら読んだ。

「憲法は使わないと」とか領土がなければ領土争いなんておきないとか柔らかい思考の大切さを感じつつ、面白かったけれど、不思議なモヤモヤも残った。そのモヤモヤの正体はまだわからない。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play