AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

東ロボくんは東大には入れなかった。AIの限界――。しかし、“彼”はMARCHクラスには楽勝で合格していた! これが意味することとはなにか? AIは何を得意とし、何を苦手とするのか? AI楽観論者は、人間とAIが補完し合い共存するシナリオを描く。しかし、東ロボくんの実験と同時に行なわれた全国2万5000人を対象にした読解力調査では恐るべき実態が判明する。AIの限界が示される一方で、これからの危機はむしろ人間側の教育にあることが示され、その行く着く先は最悪の恐慌だという。では、最悪のシナリオを避けるのはどうしたらいいのか? 最終章では教育に関する専門家でもある新井先生の提言が語られる。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
288ページ
電子版発売日
2018年02月02日
紙の本の発売
2018年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2019年10月12日

    AIによるシンギュラリティがさけばれているが、現状では、また技術的に難しい。
    今はまだAIは超高速計算機。だとしても社会環境が変わっていくのは自明。
    AIができないこと。読解力、推察力、想像力など。
    そこを伸ばしていくのが重要だか、子供たちの能力も・・・と言った感じ。
    読解力は高校生からは伸びないと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月08日

    東ロボを開発するうえで直面したAIの長所と短所を開設するところから始まり、
    「文章を理解できない東ロボくんが模試で偏差値60をとれるのは、学生が文章を理解していないからなのでは?」という仮説から作られたRST。
    そこで見えてきた現在の学校教育の問題点、将来の日本への不安。
    社会全体がAIにとってかわ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月07日

    良い意味でタイトルから想定していた内容と違った。


    著者は、国立情報学研究所教授を務める。
    東大受験合格を目指すAIを開発中の研究者である。

    全国25000人の学生を対象にした研究でたいへん興味深い発見をしている。
    ・中学校卒業する段階で、3割が日本語の読解をできていない。
    ・学力中位の高校...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月29日

    なぜ、タイトルがAIと子どもたちを対比しているのかが気になっていたが、本書の後半で理解することができた。後半は「読解力」がテーマになっており、中高生の読解力の低さを語られていた。それがなんだと思って読んでいると、読解力を必要としない能力がAIに代替されてしまうと分かった。そのため、読解力が無い人は、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月27日

    AIが人間を超える、シンギュラリティが来るのかとか、
    将来、AIに仕事を奪われてしまうのかを、
    東ロボ君(東大合格をめざすAIロボット)プロジェクトの
    プロジェクトディレクターで数学者の
    著者が語る、未来です。

    読解力の大切さを強調されています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月26日

    人間がAIにとってかわると思ってるけど、AIに出来ないことは多い。しかし、AIが代わりに出来る仕事は今後取って代わる可能性が極めて高い。という話と、著者はAIを東大に合格させるというプロジェクトを進めていたので、その過程で、中高生の学力調査も行っていた。そこで分かったのは・・・

    これは本当に面白か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月15日

    これは、問題提起の本であり、全ての人に読んで考えてもらいたい本です。

    前半は、数学者としてのAIの限界についての話。
    これは予想の範囲内の話。

    後半が、この本の存在意義のある内容です!
    とてもショッキングな事実が、わかりやすい例と共に提示されています。

    でも、この本も正しく読んでもらえない可能...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月03日

    ”人口知能”の響きに万能感をおぼえていた。AIは計算機。意味や人の常識、気持ちを理解しえない。
    AIには難しい読解力を伸ばすべし、までは分かったが肝心の伸ばし方はまだ分からないそう。地頭と言ってもらえれば諦めが付くがどうやらそうでもない。読書習慣かと思いきやそれも違うと。続編では答えに近付くのかな。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月02日

    いゃ〜、面白かった。
    後半の50ページは圧巻。
    この本の印税を寄付して中学生の読解力向上に役に立てようとされている。
    AIの技術を推し進める数学者でありながら、AIで社会が変わっていく中で必要となる読解力の向上に力を注いでいることに感動した。
    筆者は「AIが人間に取って代わる事はないと言っている」が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月29日

    著者はAIで東大合格できるかの実験を行っていた。
    結論を言ってしまえばAIに東大は無理。だが、そこそこの大学なら可能とのこと。
    類題を徹底的に覚えさせれば、普通の大学ならいざ知らず、東大のように良問を出すところはAIには困難。
    計算で決まっていることはできるが、文章をきちんと理解するのはなかなか難し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています