考える練習

考える練習

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「考える」とは論理を詰めることではなく、世界と触れ合うことだ。頭の中の「使っていないソフト」を動かす。
 ◎「自分の命が何より大事」というのは本当だろうか?
 ◎「論理的」イコール「正しい」とは言えないのではないか?
 ◎「人は死なない」と考えることもできるのではないか?
論理に縛られて「テンプレート化した発想」から抜け出すための12講。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
大和書房
電子版発売日
2018年01月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

考える練習 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月02日

    普段、モヤっとして、これ理屈ではそうなんだろうけどなんだかなあ…と思っていることに対して見方(味方かも)を提示してくれる本、ていう感じ。

    小説を読む意味、効率至上主義、長生きする家猫と早死にする外猫の幸福度…。

    編集者との対話の形を取っているのも良い。

    繰り返し読むべき本という気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

    自分の背中をそっと押してくれる本。
    恥ずかしながら、自分の考えや湧き上がる思いを肯定してくれる。
    思想が近いのかもしれないと感じました。
    何度も読み返して、そのたびに発見がある超名著だと思います。

    「考えるとは、理想を追うということ」

    これを忘れずに仕事していこう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月07日

    考えて答えが出ないことに失望しない、簡単に答えをださない、他人の受け売りをしない。

    答えが出ない中の悶々とした葛藤にいることこそが、「考える」ことであり、
    答えを出すことよりそのプロセスに意味がある。

    答えはずっとでないのかもしれないし、たいした意味はないのかもしれない。
    考えること、葛藤するこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月24日

    私のような天邪鬼というか人生を斜に構えて生きている人間には、保坂氏の言葉はすごく勇気づけられるとコメントすると氏は閉口するのかな。(保坂氏が悪いのではなく、非は私にあるのですが。)でも、世間が信じていることをたまには疑ってみて、それを正々堂々と態度に顕すことって、人として美しいし強さを感じます。やさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月17日

    たとえば村上春樹に「何枚レコード持ってます?」って訊いて、「ずいぶんたくさんあるみたいだ。しかしまだ十分ではないとしか答えようがない」って云われて、「は?なに言ってんのおまえ」ってなったとします。
    そんな村上春樹ってどんな思考回路してんのかを、噛み砕いて言語化してくれたような、そんなイメージの本です...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月06日

    考える事が大事だと知らぬ間に刷り込まれたのか、はたまた自発的に思い立ったかはわからないけどまぁ重要だってことには変わりない。
    で、『考える練習』です。
    とは言っても小説を書くための心構えだったり読書の仕方だったり、収束させずに拡散しろとか答えや証明なんてものはいらないだとか不安定な世の中を生きる術的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月15日

    対話形式で読みやすく、ざっくばらんな語り口なので、まるで居酒屋のカウンターで保坂さんのトークにひたすら耳を傾けている感じ!
    小説内の描写を愛する私にとって、保坂さんの文学論にはとっても親近感がわきました

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月25日

    いいことがたくさん書かれてるんだろうなぁ,頭がいい人の本だなぁ,私にはかなり難しいなぁ,という感想。これがいちばん怒られるのだろうけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月29日

    保坂さんの文章を読むようになってから、「考える」についてこだわるようになった。まだ小説を読んでいないので、この本にも書かれている「プレーンソング」「残響」「カンバセーション・ピース」も読んでみたい。”解釈するのではなく経典のようにまるごと暗記するような読み方こそが強い””正しく蹴り続ける”弱い響き合...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年07月06日

    芥川賞作家が考えるとはどういうことかを若手編集者からの質問に答える形で書くエッセー。
    経済的なものの見方を否定する形を取っており、それに対して当初は反発を覚えた読み進めるうちに確かに自分が毒されている部分も大きいと思えて来た。経済的な合理性が正しいとするのは概ね人が金銭的インセンティブになびくケース...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング