DEEP THINKING〈ディープ・シンキング〉人工知能の思考を読む

DEEP THINKING〈ディープ・シンキング〉人工知能の思考を読む

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

IBMディープ・ブルー戦から20年
伝説のチェス・プレイヤーが
「機械との競争」から学んだ“創造”の本質。

「洞察に満ちた一冊。一気に読み終えてしまった。」(解説・羽生善治)

機械が人間の仕事をどれだけ多くこなせるようになっても、私たちは機械と競争しているのではない。新たな課題を生みだし、自分の能力を伸ばし、生活を向上させるために自分自身と競争しているのだ。……もし私たちが、自分たちの生みだしたテクノロジーに対抗できなくなったと感じているなら、それは目標や夢の実現に向けた努力や意欲が足りないからにほかならない。私たちは「機械ができること」ではなく「機械がまだできないこと」にもっと頭を悩ませるべきだろう。(本書より)

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
416ページ
電子版発売日
2017年12月14日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2018年11月12日

    有名なディープブルーとカスパロフとの対決を、カスパロフ自身が自伝的に記したもの。ディープブルーとの対決の詳細は手に汗握る展開を感じた。そんなに古い本ではないが、アルファ碁がイ・セドルに勝った今となっては、人工知論として古く感じてしまった。人工知能の進化のスピードに驚くとともに恐れを感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月08日

    Singularity
    シンギュラリティという言葉を技術発展の文脈で初めて使ったのは、天才数学者であり現在のコンピューターの動作原理を考案したとされるジョン・フォン・ノイマン氏(1903ー1957)と言われている。
    その後、米国の数学者でSF作家のバーナー・ビンジ氏が1993年の論文「The Com...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています