「移動」の未来

「移動」の未来

作者名 :
通常価格 2,376円 (税込)
獲得ポイント

11pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ヒトの動きとモノの流れが、
いま、変わりはじめた――
気鋭のピューリッツァー賞ジャーナリストが描く交通(トランス)・(ポーテ)物流(ーション)の「見たくない現実」と「見えてきた希望」。
ネットで注文した商品がその日に届く。そんな「当たり前」を実現するために、世界中の交通・物流システムは悲鳴をあげ、崩壊の危機に直面している――。気鋭のピューリッツァー賞作家が、誰もが目をそらしたくなるような不都合な事実を詳らかにするとともに、自動運転車やAI(人工知能)、IoTなどに後押しされて始動しつつある「移動革命」の姿を展望する。

ジャンル
出版社
日経BP社
ページ数
437ページ
電子版発売日
2016年11月25日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年11月12日

『1つは、デジタル技術の興隆。1つは、中国が対資本主義闘争の方針を転換したこと。1つは、愛嬌もなく、最新技術とも縁がなく、ただ大きくて醜い金属の箱が起こした輸送革命。この3つのうち、一番地味な貨物コンテナ(と、その最も派手な派生物である巨大コンテナ船)が、これまで法外な経費でしかなかった大量輸送を、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月30日

40年遅れで登場したアメリカ版の『自動車の社会的費用*』といった趣である。

* 宇沢弘文,1974,岩波新書

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月23日

カーマゲドンは、人間自身が作りだした奇妙な怪物。便利さに麻痺し、事故という名の殺人を日常的に作りだし、交通戦争という名の大衆同志の戦いを演出する。著者はこれを需要と供給の問題に置き換えることで、簡単に退治できると考えているようだが、果たしてそうだろうか?なぜなら人間は感情で動く生き物。需要と供給とい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月19日

 朝飲む一杯のコーヒーに、どれだけの「移動」が伴っているか? 世界中のコーヒー畑から豆が運ばれ、ブレンドされ、家庭に運ばれることを考えれば、一家庭で年間57万2000マイル(地球25周)もの距離をコーヒーだけで消費していることになる。どうしてこうしたことが可能になったのか? 著者は「コンテナ輸送」革...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月21日

自動車は世界中で多くの命を奪っているがその対価があまりにも低い。それは近代の人類が自動車をベースに社会を構築してきたから。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています