沈黙する女たち

沈黙する女たち

作者名 :
通常価格 679円 (618円+税)
紙の本 [参考] 715円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

廃屋に展示されるように残されていた女性の全裸死体。それを撮影したものが会員サイト「死体美術館」にアップされる。その頃、凶悪事件を取材するCS放送クライムチャンネルに、元警視庁捜査一課の久我が加わっていた……。廃屋で発見される女性の全裸死体。犯人の正体と目的とは?「重犯罪取材班・早乙女綾香」シリーズ第2弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2017年10月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

沈黙する女たち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月19日

    前作で映像という媒体に少し慣れた早乙女綾香に早くも新入社員の部下が。しかし部下の久我は元刑事で取材のやり方も強引だったり使っていいかブルーなコネを多様したりでまた戸惑いの嵐。でも信念を曲げない様に心がけながら廃屋での死体遺棄事件を追っていく。また関係ありそうな人物視点でも事件が語られ、謎が謎を呼ぶ。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    主人公 綾香の鼻につく部分は完全に消えていて、その分また癖のあるキャラクターが登場した。
    加害者たちに同情するところは多々あるものの、だからと言ってそこまでやるか?と思ってしまった。
    文章は読み易く、展開も適度に速いので、あっという間に読める一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月05日

    いつも思う推理小説
    その動機ムリな設定じゃない?
    麻見先生の作品はものすごくエッジの利いた事件が起きる
    今回もものすごい内容なのに、動機が明かされると「アレ」と思うのだが・・・何せ物語の流れが良い
    今回は個性あるパートナーができましたが、一冊目は主人公に集中させ、二作目では新キャラをぶち込みと構成ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月18日

    CS放送『クライムチャンネル』の取材記者・早乙女 綾香。そして、彼女とタッグを組むことになったのは、元刑事の久我。

    何かと衝突する元新聞記者と元刑事のふたり。

    そんな中、廃屋にて、女性の死体が発見され、更に連続殺人の様相を呈する。そして、『死体美術館』というダークなサイトに、その写真がアップさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月01日

    廃屋に展示されるように残されていた女性の全裸死体。それを撮影したものが会員サイト「死体美術館」にアップされる。その頃、凶悪事件を取材するCS放送クライムチャンネルに、元警視庁捜査一課の久我が加わっていた……。廃屋で発見される女性の全裸死体。犯人の正体と目的とは?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月21日

    麻見和史『沈黙する女たち』幻冬舎文庫。

    重犯罪取材班・早乙女綾香シリーズの第2弾。文庫書き下ろし。

    異様な事件とストーリー、意外な犯人と次作へと繋がる新たな悪とシリーズ作品としては非常に巧くまとまっており、面白い。今回、新たに綾香とコンビを組むことになった元警視庁捜査一課の久我がなかなか良い働き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月18日

    ストーリー展開も様々な視点から話が進み、全てに少しずつ謎めいた内容が伏線としてあり最後にはほぼ全てが繋がる展開が非常に良かった。
    椎名へ感情移入できない綾香の感覚も現実的な視点であり、細かい点ではありますが好感が持てた。続編に期待

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月25日

    「重犯罪取材班・早乙女綾香」シリーズ、2作目。

    この作者さんの作品は、他のシリーズも含めて、プロットがきっちり作られており、事件の構造そのものに無理がなく、文章が読みやすい。なので、どのシリーズも好みで読み続けているのだけれど、このシリーズだけはちょっと苦手かも。前作でも思ったが、主人公の立場がま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年11月16日

    早乙女綾香シリーズだった。
    テレビ番組の取材班が事件の真相を探る、という観点が新しいのかな。結構面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています