SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

作者名 :
通常価格 1,944円 (税込)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

●世界最強のブランドはいかにして生まれたか?
●創業者が自ら語る、ナイキの創業秘話!
●日本がナイキを創り、日本がナイキを救った!?
 日本とナイキの意外な深いつながり!
●全米熱狂! 絶賛の声続々!
●待望の翻訳、ついに刊行!

父親から借りた50ドルを元手に、アディダス、プーマを超える
売上げ300億ドルの会社を創り上げた男が、ビジネスと人生のすべてを語る!

1962年晩秋、24歳のあるアメリカ人が日本に降り立った。
彼の名はフィル・ナイト。のちに世界最強のブランドの一つとなる、
ナイキの創業経営者だ。

オニツカという会社がつくるシューズ「タイガー」に惚れ込んでいた彼は、
神戸にあるオニツカのオフィスを訪れ、役員たちに売り込みをする。

自分に、タイガーをアメリカで売らせてほしいと。

スタンフォード大MBA卒のエリートでありながら、なぜあえて靴のビジネスを選んだのか?
しかもかつての敵国、日本の企業と組んでまで。

「日本のシューズをアメリカで売る」。

馬鹿げたアイディアにとりつかれた男の
人生を賭けた挑戦が、このとき始まった!

●著名人も絶賛!

ビル・ゲイツ称賛!
2016年おすすめの5冊に選出!

成功するビジネスのありようを、誠実に思い起こさせてくれる。
それは混沌と混乱に満ちた危険な旅であり、誤りと闘いと犠牲が常につきまとう。
ここまで赤裸々に自身の歩んだ道を語るCEOなど、ほとんどいないだろう。
フィル・ナイトが読者に何かを教えようとしたとは思えないが、
読者はすばらしい学びを得るはずだ。
彼はできうる限り正直に人生を語っている。驚愕の物語だ。
(マイクロソフト創業者)

2016年の最高の本。フィル・ナイトは天性のストーリー・テラーだ。
――ウォーレン・バフェット(伝説の投資家)

率直で、ユーモアがあり、スリルもあって文学的なこの本は、スポーツを愛する人、
そして伝記を愛するすべての人のための本だ。
――アンドレ・アガシ(元プロテニス・プレーヤー。ゴールデンスラム達成者)

ありえない夢を追いかけるすべての人への啓示。
――マイケル・スペンス(ノーベル賞受賞経済学者)

アントレプレナーシップについて読んだ本のなかで、最高の一冊。
――ファリード・ザカリア(ジャーナリスト)

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
560ページ
電子版発売日
2017年10月27日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年10月14日

ナイキ創業者の自伝。
1962から、やむを得ず株式公開する1980まで。

世界中のナイキのオフィスは下4桁が6453。キーパッド上はNikeになる。ナイキの伝説的な広告塔、プリが1マイルで残した最高タイムは3分54秒6。こんな偶然があるのか。ある、という話が延々続く。ダメで、まっすぐな商人の話。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月07日

このストーリーには実は日本人がたくさん登場する。フィルの最初のビジネスを支えたのが日本人ならば、彼を騙そうとするのも日本人だし、大一番で助けるのも日本人。僕はこの本を読んで日商岩井のイトウさんに惚れた。これこそ銀行の鏡だろう、同じ日本人として誇りに思う。
フィルはとても人間味に溢れ、感情的だ。そして...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月01日

面白かった。
フィル・ナイトさんは粘り強く、努力家だ。
目的が明確で、それに伴う努力をし続け、足掻いてきた軌跡を知り、少し身近に感じた。
ビジネスの意味に共感し、天職を探す勧めにスティーブ・ジョブズが重なった。アラフォーの私にも刺さった。私は今、ただ生きている。何もしていない。
私も単に生きるだけで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月25日

どのような経営者だったのかよくわからず読んだが非常に面白くて一気に読んだ。
日本の企業のことや文句も多く書いてあるが、靴に対する愛情が伝わった。
ナイキの靴欲しくなった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月16日

ナイキの創設者、フィル・ナイトがナイキを立ち上げてから引退するまでを綴った本。フィルのリーダーシップと周りのメンバーへの寛大な心そしてなにより情熱が最も重要であることを教えてくれた。
心に残ったシーンは、会社も大きくなり、売上も飛ぶ鳥を落とす勢いではあるものの内部留保はほとんどなく綱渡りなさなか、ひ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play