SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

●世界最強のブランドはいかにして生まれたか?
●創業者が自ら語る、ナイキの創業秘話!
●日本がナイキを創り、日本がナイキを救った!?
 日本とナイキの意外な深いつながり!
●全米熱狂! 絶賛の声続々!
●待望の翻訳、ついに刊行!

父親から借りた50ドルを元手に、アディダス、プーマを超える
売上げ300億ドルの会社を創り上げた男が、ビジネスと人生のすべてを語る!

1962年晩秋、24歳のあるアメリカ人が日本に降り立った。
彼の名はフィル・ナイト。のちに世界最強のブランドの一つとなる、
ナイキの創業経営者だ。

オニツカという会社がつくるシューズ「タイガー」に惚れ込んでいた彼は、
神戸にあるオニツカのオフィスを訪れ、役員たちに売り込みをする。

自分に、タイガーをアメリカで売らせてほしいと。

スタンフォード大MBA卒のエリートでありながら、なぜあえて靴のビジネスを選んだのか?
しかもかつての敵国、日本の企業と組んでまで。

「日本のシューズをアメリカで売る」。

馬鹿げたアイディアにとりつかれた男の
人生を賭けた挑戦が、このとき始まった!

●著名人も絶賛!

ビル・ゲイツ称賛!
2016年おすすめの5冊に選出!

成功するビジネスのありようを、誠実に思い起こさせてくれる。
それは混沌と混乱に満ちた危険な旅であり、誤りと闘いと犠牲が常につきまとう。
ここまで赤裸々に自身の歩んだ道を語るCEOなど、ほとんどいないだろう。
フィル・ナイトが読者に何かを教えようとしたとは思えないが、
読者はすばらしい学びを得るはずだ。
彼はできうる限り正直に人生を語っている。驚愕の物語だ。
(マイクロソフト創業者)

2016年の最高の本。フィル・ナイトは天性のストーリー・テラーだ。
――ウォーレン・バフェット(伝説の投資家)

率直で、ユーモアがあり、スリルもあって文学的なこの本は、スポーツを愛する人、
そして伝記を愛するすべての人のための本だ。
――アンドレ・アガシ(元プロテニス・プレーヤー。ゴールデンスラム達成者)

ありえない夢を追いかけるすべての人への啓示。
――マイケル・スペンス(ノーベル賞受賞経済学者)

アントレプレナーシップについて読んだ本のなかで、最高の一冊。
――ファリード・ザカリア(ジャーナリスト)

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
560ページ
電子版発売日
2017年10月27日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月12日

    何か生きる証を残す、今を大事に日々生きて仕事に打ち込む、その力強さが伝わる作品。
    自分もモチベーションが欲しい時や、何かヒントやイマジネーションが欲しいときに読む一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月22日

    信じることの大切さを改めて感じた。そして経営は生き物であり、ヒトモノカネという経営資源と言われる所以をストーリーから感じた。

    やはりスポーツが好きだ。スポーツだからこそ学べること、勇気を与えること、拓ける世界があると思う。

    それぞれの可能性を引き出すスポーツブランドを創りたい。やります。


    2...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月24日

    『SHOE DOG』
    ナイキ創業者 書き下ろし。
    この本の何がわくわくなのか?
    それは、見慣れた、街に溢れるNIKEが一代で築かれたことの物語の背景です。

    どれだけの靴、シューズ好きのオーナーと仲間が集い、
    NIKEを創りつづけたのか?

    訳がまた心を打つんです。
    まるで、かれが、そう、創業者自身...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月07日

    ナイキ創業者の伝記だけど、フィル・ナイトさんの綱渡り人生が物語として面白い!
    働く人、特に起業する人には精神的バイブルになるんじゃないかな。

    (本からの抜粋)
    天職を追い求めることによって、疲労にも耐えられ、失意をも燃料とし、これまで感じられなかった高揚感を得られる。

    自分の好きなこと、やりたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月06日

    裁判しててめちゃくちゃ息詰まる時なのに、書いてる内容が面白くて吹き出した。
    一番の部下&友達にめっちゃ冷たいし。日本人のある人が男気出す場面が個人的には一番震えた。

    全般面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月02日


    ナイキを創った男の話という帯の字を見て、何か将来に活かせることが書かれてるんちゃうかと思って、もともと興味があったこの本!

    実際に、影響されることや考えさせられることがたくさん書かれてた!

    まず1番はじめに、大学生の間にまじで勉強しようと思った。
    英語はもちろん、会計の資格を含むいろんな知識を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    ナイキ誕生を、創業者が振り返る。ピンチとチャンス、その時の思考プロセスが明確に書かれており、読み物として楽しい。個人的には、ラストのラスト、ビジネスとは?が印象的。あらためて、社のビジョンとは何か。逸脱をしていないか。を考えたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月18日

    スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグ、マクドナルドの創業者レイ・クロックの映画などを見て、大成功する経営者はアクが強く、人を踏み台にする無慈悲な人間しかいないのかと思ったが、ビジネスのみならず、真の意味での世への貢献も考えられる名経営者もいるのかも、と思えた。
    キャパニック起用の広告からもナ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月30日

    ナイキの創業者の話という時点で間違いなくかっこいいし面白い。日本企業(日商岩井)がナイキの創世期を支えていたり、オニツカとの関係が悪化していったり、日本との関わりという点でも興味は持てるのでは。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月17日

    NIKEの精神が詰まった本。
    フィル・ナイトが靴と共に進んでいった道筋を
    辿っていくとともに
    自分のこれから
    そして自分にとって情熱をそそげるもの
    今何をするのか、そんなことを考えた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています