SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

作者名 :
通常価格 1,944円 (税込)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

●世界最強のブランドはいかにして生まれたか?
●創業者が自ら語る、ナイキの創業秘話!
●日本がナイキを創り、日本がナイキを救った!?
 日本とナイキの意外な深いつながり!
●全米熱狂! 絶賛の声続々!
●待望の翻訳、ついに刊行!

父親から借りた50ドルを元手に、アディダス、プーマを超える
売上げ300億ドルの会社を創り上げた男が、ビジネスと人生のすべてを語る!

1962年晩秋、24歳のあるアメリカ人が日本に降り立った。
彼の名はフィル・ナイト。のちに世界最強のブランドの一つとなる、
ナイキの創業経営者だ。

オニツカという会社がつくるシューズ「タイガー」に惚れ込んでいた彼は、
神戸にあるオニツカのオフィスを訪れ、役員たちに売り込みをする。

自分に、タイガーをアメリカで売らせてほしいと。

スタンフォード大MBA卒のエリートでありながら、なぜあえて靴のビジネスを選んだのか?
しかもかつての敵国、日本の企業と組んでまで。

「日本のシューズをアメリカで売る」。

馬鹿げたアイディアにとりつかれた男の
人生を賭けた挑戦が、このとき始まった!

●著名人も絶賛!

ビル・ゲイツ称賛!
2016年おすすめの5冊に選出!

成功するビジネスのありようを、誠実に思い起こさせてくれる。
それは混沌と混乱に満ちた危険な旅であり、誤りと闘いと犠牲が常につきまとう。
ここまで赤裸々に自身の歩んだ道を語るCEOなど、ほとんどいないだろう。
フィル・ナイトが読者に何かを教えようとしたとは思えないが、
読者はすばらしい学びを得るはずだ。
彼はできうる限り正直に人生を語っている。驚愕の物語だ。
(マイクロソフト創業者)

2016年の最高の本。フィル・ナイトは天性のストーリー・テラーだ。
――ウォーレン・バフェット(伝説の投資家)

率直で、ユーモアがあり、スリルもあって文学的なこの本は、スポーツを愛する人、
そして伝記を愛するすべての人のための本だ。
――アンドレ・アガシ(元プロテニス・プレーヤー。ゴールデンスラム達成者)

ありえない夢を追いかけるすべての人への啓示。
――マイケル・スペンス(ノーベル賞受賞経済学者)

アントレプレナーシップについて読んだ本のなかで、最高の一冊。
――ファリード・ザカリア(ジャーナリスト)

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
560ページ
電子版発売日
2017年10月27日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年07月29日

 「好きでもない仕事で成功を重ねることこそ、最大の不幸」
 どの本で読んだかは忘れたが、ずっと頭に引っかかり続ける言葉の一つだ。
 
 本書、シュードッグはNIKE創業者が、創業からの上場までの18年を振り返り、天職を追い求めることを主張する。
 フィル・ナイトが天職に至るまでのステップは、こんな感...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月19日

ナイキの創業者フィル・ナイトの自伝。
もともとそんなにナイキ好きではなかったけど、ランニング始めてからナイキのシューズも履いたりしているので、ちょっと親近感。
オニツカの代理店だったり、日商岩井に支援を受けていたってことは知らなかった。立ち上げ時に支援した企業が世界的企業になったら商社マン冥利に尽き...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月15日

201806/

カモの群れがV字形を描いた時、後方のカモは気流に乗って前方の群れの80パーセントの労力だけで飛ぶのだそうだ。ランナーは誰もがこの話を聞くと納得する。最も懸命に走り最もリスクを背負うのは、先頭のランナーなのだ。/

失敗するならさっさと失敗しろという言葉を何度も心の中で唱えた/

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月10日

よくある創業者の自慢話ではなく、
失敗や迷いが赤裸々に書かれ、
それが本書の魅力だと思う。

ずいぶん売れているらしいが
働き方改革の昨今、
若者たちは、どう読んでいるんだろう?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月26日

夢中で走り続けたら、ここまで辿り着いていた、というのが私の感想だ。終盤の株式上場まで苦悩の連続であった。読んでるこちらも辛かった。フィル氏は走り続けるし、途中で振り返って悦に入ることをしない。彼の言う「運」は実在すると思う。経営者には欠かせない要素の一つである。登場人物の中で、侍アイスマン・イトーと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play