SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

●世界最強のブランドはいかにして生まれたか?
●創業者が自ら語る、ナイキの創業秘話!
●日本がナイキを創り、日本がナイキを救った!?
 日本とナイキの意外な深いつながり!
●全米熱狂! 絶賛の声続々!
●待望の翻訳、ついに刊行!

父親から借りた50ドルを元手に、アディダス、プーマを超える
売上げ300億ドルの会社を創り上げた男が、ビジネスと人生のすべてを語る!

1962年晩秋、24歳のあるアメリカ人が日本に降り立った。
彼の名はフィル・ナイト。のちに世界最強のブランドの一つとなる、
ナイキの創業経営者だ。

オニツカという会社がつくるシューズ「タイガー」に惚れ込んでいた彼は、
神戸にあるオニツカのオフィスを訪れ、役員たちに売り込みをする。

自分に、タイガーをアメリカで売らせてほしいと。

スタンフォード大MBA卒のエリートでありながら、なぜあえて靴のビジネスを選んだのか?
しかもかつての敵国、日本の企業と組んでまで。

「日本のシューズをアメリカで売る」。

馬鹿げたアイディアにとりつかれた男の
人生を賭けた挑戦が、このとき始まった!

●著名人も絶賛!

ビル・ゲイツ称賛!
2016年おすすめの5冊に選出!

成功するビジネスのありようを、誠実に思い起こさせてくれる。
それは混沌と混乱に満ちた危険な旅であり、誤りと闘いと犠牲が常につきまとう。
ここまで赤裸々に自身の歩んだ道を語るCEOなど、ほとんどいないだろう。
フィル・ナイトが読者に何かを教えようとしたとは思えないが、
読者はすばらしい学びを得るはずだ。
彼はできうる限り正直に人生を語っている。驚愕の物語だ。
(マイクロソフト創業者)

2016年の最高の本。フィル・ナイトは天性のストーリー・テラーだ。
――ウォーレン・バフェット(伝説の投資家)

率直で、ユーモアがあり、スリルもあって文学的なこの本は、スポーツを愛する人、
そして伝記を愛するすべての人のための本だ。
――アンドレ・アガシ(元プロテニス・プレーヤー。ゴールデンスラム達成者)

ありえない夢を追いかけるすべての人への啓示。
――マイケル・スペンス(ノーベル賞受賞経済学者)

アントレプレナーシップについて読んだ本のなかで、最高の一冊。
――ファリード・ザカリア(ジャーナリスト)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
東洋経済新報社
ページ数
560ページ
電子版発売日
2017年10月27日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月19日

    今では誰もが知るメーカーだが、割と最近出来た会社、しかも相当な苦労の上で今がある事に驚いた。
    また、著者の仲間に対する愛が感じられた。
    色々な人の自伝を読んで思うのは、偉大な経営者には偉大な仲間が多いこと。
    恐らく一人一人では名を残す程ではないが、チームとして集まると凄い力を発揮出来るんだと思う。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月08日

    ナイキ創業者フィル・ナイトの気魄に満ちた自伝。

    押しも押されもせぬグローバル企業、ナイト氏がいかに天才ぶりを発揮したんだろう…と思いきや、株式公開まで綱渡りの日々。
    強運と素晴らしい同僚らとの密なコミュニケーションが成長を後押ししたんだろうか。

    戦後日本企業(オニツカ、日商岩井)との取引、関わり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月20日

    ビジネスにおける成功体験を語るような、所謂自己啓発書でもないし、成功モデルを語るようなビジネス書でもない。ノンフィクションの自伝なのだが、小説のように面白い。華々しく成功を語ったり、失敗を何か貴重な教訓であったというような偉そうな実用書ではないのだ。更に良いのは、翻訳本だが、洋書には珍しく、冗長、重...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月05日

    ナイキというと、スマートなイメージがあったので、スマートにアメリカンドリームを体現したストーリーだろうと想像していた。だが、読み始めてその想像は全く当てはまらないことに気がつかされる。創業者のナイトは、次々に立ちはだかる問題を泥臭く解決していく。印象的だったのは、創業メンバーのほとんどが陸上スポーツ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月05日

    2022/02/05

    スタンフォード卒の超優秀な元陸上選手が、靴作りのために、日本企業と連携して会社を始めるが、のちのち影裏切られ、うまくいかず。
    そうならと自社製品を作ろうと企業するも、金銭的なトラブルや、他社からの嫌がらせ、友人の死を経験。そんなどん底から這い上がり、現在のNikeが出来るまで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月02日

    胸に刺さった一言を。
    「自分の人生もスポーツのようでありたいと思った。 アスリートになれなくてもアスリートと同じ気分を感じる方法はないだろうか?」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月21日

    550ページくらいありますが面白くて止まりませんでした。フィルさんが最後まで止まらないから面白かったんだと思います。スポーツはあまり詳しくないけど関係なく楽しませていただきました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月09日

    すっかりNIKEのファンになる本。
    登場する人物みんなすごい。
    日商岩井、オニツカなど日本との関係性にびっくり。ミズノがNIKE古い歴史があることにもびっくり。
    他の文化を知ろうとするフィルナイツの姿勢がすごいなと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月03日

    ナイキのこれまでの成長がこれ程波乱に満ちていたとは。
    オニツカとの手切れがなんとも後味悪いが、それはナイキ目線からしか描かれておらず、それは別途調べてみると価値がありそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月30日

    ラジオのアフターシックスジャンクションで紹介していて面白そうだったので読んでみた。翻訳モノは普段手を出さないけれど、この本は一気に読めた。是非、映画化して欲しい。スポーツを愛し、靴を愛し、ナイキを作った男の物語。結構日本も出てくる。オニツカタイガーとの愛憎劇が特に面白かった。ナイキを共に作った仲間と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング