SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

ビジネス・経済 5位

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

1,980円 (税込)

9pt

●世界最強のブランドはいかにして生まれたか?
●創業者が自ら語る、ナイキの創業秘話!
●日本がナイキを創り、日本がナイキを救った!?
日本とナイキの意外な深いつながり!
●全米熱狂! 絶賛の声続々!
●待望の翻訳、ついに刊行!

父親から借りた50ドルを元手に、アディダス、プーマを超える
売上げ300億ドルの会社を創り上げた男が、ビジネスと人生のすべてを語る!

1962年晩秋、24歳のあるアメリカ人が日本に降り立った。
彼の名はフィル・ナイト。のちに世界最強のブランドの一つとなる、
ナイキの創業経営者だ。

オニツカという会社がつくるシューズ「タイガー」に惚れ込んでいた彼は、
神戸にあるオニツカのオフィスを訪れ、役員たちに売り込みをする。

自分に、タイガーをアメリカで売らせてほしいと。

スタンフォード大MBA卒のエリートでありながら、なぜあえて靴のビジネスを選んだのか?
しかもかつての敵国、日本の企業と組んでまで。

「日本のシューズをアメリカで売る」。

馬鹿げたアイディアにとりつかれた男の
人生を賭けた挑戦が、このとき始まった!

●著名人も絶賛!

ビル・ゲイツ称賛!
2016年おすすめの5冊に選出!

成功するビジネスのありようを、誠実に思い起こさせてくれる。
それは混沌と混乱に満ちた危険な旅であり、誤りと闘いと犠牲が常につきまとう。
ここまで赤裸々に自身の歩んだ道を語るCEOなど、ほとんどいないだろう。
フィル・ナイトが読者に何かを教えようとしたとは思えないが、
読者はすばらしい学びを得るはずだ。
彼はできうる限り正直に人生を語っている。驚愕の物語だ。
(マイクロソフト創業者)

2016年の最高の本。フィル・ナイトは天性のストーリー・テラーだ。
――ウォーレン・バフェット(伝説の投資家)

率直で、ユーモアがあり、スリルもあって文学的なこの本は、スポーツを愛する人、
そして伝記を愛するすべての人のための本だ。
――アンドレ・アガシ(元プロテニス・プレーヤー。ゴールデンスラム達成者)

ありえない夢を追いかけるすべての人への啓示。
――マイケル・スペンス(ノーベル賞受賞経済学者)

アントレプレナーシップについて読んだ本のなかで、最高の一冊。
――ファリード・ザカリア(ジャーナリスト)

...続きを読む

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。 のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2024年03月18日

    事業を模索し始めた1962年から株式上場を果たした1980年の18年間の紆余曲折(と言う言葉では表しきれないが)を読み、ビジネスとは戦さなのだと心底感じました。そして、人との出会いの運の大切さも。
    一大企業へと成し遂げた成功者であるにも関わらず、自身の軌跡を懐古しながら、「全てをやり直せたら」と後悔...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2024年01月16日

    下手なビジネス小説なんかよりも遥かに面白い。新規事業の9割が失敗すると言われる世の中、改めてその難しさや起業における困難から始まる。
    ビジネスパートナーの裏切り、葛藤、競合、政府とのバトル等…
    仕事に全てを注ぎ込んできた男による魂の一冊、自分の仕事に誇りを持てているか?改めて自分に問い掛けたい

    0

    Posted by ブクログ 2023年10月31日

    知られざるナイキ誕生秘話。
    ワタシの今年のベスト本になりそうなくらい、めちゃくちゃ良かった!
    ナイキと日本がこんなに強く、運命的な絆で結ばれているとは全然知らなかった。
    日本が、当時の日本の人たちがちょっと誇らしい。
    日本人の自分ですら知らない、有能な日本人ビジネスマンがたくさんことを知った。

    ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2023年10月08日

    ナイキのフィルナイトの本。前から気になっていた本。満を持して読書

    メモ
    ・世界は戦争や苦痛、貧困に溢れていて、単調な毎日は心身を消耗させ、不公平なことばかりだ。そんな中でただ一つの解決法は、けた外れに大きくてあり得ない夢、追い求める価値があり、自分に見合った楽しい夢を見つけて、アスリートのように一...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2023年05月01日

    NIKE創業の物語。順風満帆とはほど遠く、現金もショートし銀行にも見限られ、常に綱渡りの操業を行ってきた。それでも諦めずここまでのブランドにしたのは著者フィルナイトの執念と、心の底から靴が好きなSHOE DOGの魂のようなものがそうさせたのだろうと想像する。
    これほどまでに情熱をかけて打ち込めるもの...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2023年04月14日

    NIKEの壮絶な紆余曲折、山あり谷ありのストーリが描かれていて、読者としても一喜一憂する場面が多々あった。一つ一つの課題に真摯に取り組み、時には大胆に時には繊細に向き合う姿に感銘を受けた。その誠実さがここまでの大企業にしたことであろう。最後の謝辞では関係者全てに感謝を述べられ、フィルナイト氏の素敵な...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2023年03月20日

    読んでみて、こういう歴史があったんだと思うことが多かった!学生の頃、スニーカー集めにハマったな〜。今は当たり前の世界的な大企業のナイキを知る素敵な本。

    0

    Posted by ブクログ 2022年12月27日

    ナイキ創設者のフィルナイトによる自伝。ナイキはアシックスがなければ生まれなkったこと、フィルナイトが自分で靴を作りたかったこと、スポーツだけに留まらず、ライフスタイル提案まで事業を広げたことなど、とてもアントレプレナーシップを感じることができる一冊。ナイキのロゴの誕生秘話も素敵。当時美術学校生だった...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年12月21日

    NIKE創業者フィルナイトの自伝。今では巨大企業だけど、現金が常に足らなく綱渡りが続き、銀行にも二度、見放されてる時代があったのは驚きであり、読んでいて胃が痛くなりそう。ヒリヒリするしフィルナイトの根性が凄いわ。

    0

    Posted by ブクログ 2022年11月19日

    NIKEがもっともっと好きになったし、学ぶことが多かった。強い精神力と信念を持って、諦めず走り続ければ、いつか目指すところに到達できるはず。そして何より表紙のデザインがイカす。

    「ルールを守ったことでなく、ルールを破ったことが人々の記憶に残る。」

    「何が起ころうと立ち止まるな。」

    0

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。 の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング

作者のこれもおすすめ

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。 に関連する特集・キャンペーン

同じジャンルの本を探す