SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

●世界最強のブランドはいかにして生まれたか?
●創業者が自ら語る、ナイキの創業秘話!
●日本がナイキを創り、日本がナイキを救った!?
 日本とナイキの意外な深いつながり!
●全米熱狂! 絶賛の声続々!
●待望の翻訳、ついに刊行!

父親から借りた50ドルを元手に、アディダス、プーマを超える
売上げ300億ドルの会社を創り上げた男が、ビジネスと人生のすべてを語る!

1962年晩秋、24歳のあるアメリカ人が日本に降り立った。
彼の名はフィル・ナイト。のちに世界最強のブランドの一つとなる、
ナイキの創業経営者だ。

オニツカという会社がつくるシューズ「タイガー」に惚れ込んでいた彼は、
神戸にあるオニツカのオフィスを訪れ、役員たちに売り込みをする。

自分に、タイガーをアメリカで売らせてほしいと。

スタンフォード大MBA卒のエリートでありながら、なぜあえて靴のビジネスを選んだのか?
しかもかつての敵国、日本の企業と組んでまで。

「日本のシューズをアメリカで売る」。

馬鹿げたアイディアにとりつかれた男の
人生を賭けた挑戦が、このとき始まった!

●著名人も絶賛!

ビル・ゲイツ称賛!
2016年おすすめの5冊に選出!

成功するビジネスのありようを、誠実に思い起こさせてくれる。
それは混沌と混乱に満ちた危険な旅であり、誤りと闘いと犠牲が常につきまとう。
ここまで赤裸々に自身の歩んだ道を語るCEOなど、ほとんどいないだろう。
フィル・ナイトが読者に何かを教えようとしたとは思えないが、
読者はすばらしい学びを得るはずだ。
彼はできうる限り正直に人生を語っている。驚愕の物語だ。
(マイクロソフト創業者)

2016年の最高の本。フィル・ナイトは天性のストーリー・テラーだ。
――ウォーレン・バフェット(伝説の投資家)

率直で、ユーモアがあり、スリルもあって文学的なこの本は、スポーツを愛する人、
そして伝記を愛するすべての人のための本だ。
――アンドレ・アガシ(元プロテニス・プレーヤー。ゴールデンスラム達成者)

ありえない夢を追いかけるすべての人への啓示。
――マイケル・スペンス(ノーベル賞受賞経済学者)

アントレプレナーシップについて読んだ本のなかで、最高の一冊。
――ファリード・ザカリア(ジャーナリスト)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
東洋経済新報社
ページ数
560ページ
電子版発売日
2017年10月27日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月03日

    ナイキのこれまでの成長がこれ程波乱に満ちていたとは。
    オニツカとの手切れがなんとも後味悪いが、それはナイキ目線からしか描かれておらず、それは別途調べてみると価値がありそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月30日

    ラジオのアフターシックスジャンクションで紹介していて面白そうだったので読んでみた。翻訳モノは普段手を出さないけれど、この本は一気に読めた。是非、映画化して欲しい。スポーツを愛し、靴を愛し、ナイキを作った男の物語。結構日本も出てくる。オニツカタイガーとの愛憎劇が特に面白かった。ナイキを共に作った仲間と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月03日

    ナイキの創設者、フィルナイト氏のナイキが世界企業に成り上がるまでの話。
    伝記でもあるが、成功する企業の実例でもあり、多くの成功してきた企業はこのようなことをしているのだなと自分なりに捉え、感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月14日

    NIKE創業者であるフィル・ナイトの回顧録。1962年オレゴン州のスポーツと旅が好きな普通の若者が、単身日本の靴メイカーであるオニツカに乗り込みオニツカタイガー販売権を獲得する。契約にあたり咄嗟にブルーリボンの代表だと肩書きを決めたりと場当たり的な面もあるが、靴へ傾ける熱意とMBAを取得出来るだけの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月27日

    NIKIを知ると言うよりは、一企業が業界トップに立つまでの苦労や苦難が学べる一冊。

    常に付き纏うのはお金。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月28日

    一つのブランドを創り上げるために人生を賭け、事業を通じてスポーツの魅力を伝えるフィル・ナイトの生き様に感動します!

    世界的ブランドの「NIKE」ですが、その創業の泥臭さに驚きます。当初は神戸オニツカの販売権を得て、アメリカで靴を販売するだけで、自社製造でもありませんでした。

    また、競合他社と販売...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月24日

    シュードッグとは靴の製造や販売、購入、デザインなどにすべてを捧げる人のこと。読み始める前は題名から想像がつかない内容に読むことを悩んでいた。500ページを超える内容は読み始めると次々とページが少なくなっていった。ナイキと日本の関係や自分が生まれた年のナイキの情勢。自分のスポーツとナイキの関わり。見方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月07日

    よかった!
    教訓と感動の1冊。
    誰もが知っているNike。でも歴史は一切知らなかった。
    決して完璧な人格を持っているわけではなく、カリスマ力が武器でもない、間違ったり、悩んだり、ぶつかったり、成功したり、様々な体験が率直に描かれている。
    それぞれを追体験し、その時々の出来事を思い描き、考えることで、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月02日

    “最後まで挑み続けろ”

    どうだ! オレがジョーダンブランドを立ち上げ、アディダスを抑えてスポーツアパレルのダイナスティをひとりで築いた男だぞー!というイメージだったけど、まったく違ったし、想像を数万倍超えて面白かった

    いまでは自身の資産価値は100億ドルを超えているけれど、親から借りた5000ド...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    すさまじい爽快感

    ひろし 2019年02月02日

    事実関係は大雑把だけれど、彼がどのような想いで40年間駆け抜けたのかがよく分かる。
    熱い想いが伝わってきた。
    もっと自分の人生を力強く駆け抜けたいと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています