「大田黒奉之」おすすめ作品一覧

「大田黒奉之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/10/27更新

ユーザーレビュー

  • SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。
    綺麗ごとではない、企業やビジネスを成長させる上でのリアルで人間らしい苦労や葛藤が描かれている良書。日商岩井のファンになる。
  • SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。
    ナイキの創業者フィル・ナイトの自伝。面白くて引き込まれる。
    世界旅行を思い立ち、後にその販売代理店としてビジネスを始めるオニツカ(現アシックス)に立ち寄った1962年から始まる。そこから株式を公開する1980年までの濃密な一年一年をそのときの心情を再現するようにさらに濃密に語る。伝説の経営者ではある...続きを読む
  • SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。
    オニツカタイガーをパクってナイキを作った。
    夢にニケが出てきてナイキの名前にした。
    くらいの有名エピソードは知っていたが、ゼロから圧倒的なトップスポーツブランドを作り上げた自伝でめちゃくちゃおもしろい!!
  • SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。
    ベンチャー企業の本質ってこれなのかぁを実感。

    キラキラしてるイノベーターたちはいつも、確かに現金もたずに、ギリギリレバレッジかけて夢追いかけてるなぁ
  • SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。
    Facebookやネットでたくさん紹介されていて、読むのが楽しみだった。ようやく読むことができた。NIKEのスニーカーは、30年近く履き続けていて、好きなブランドであるので、創業者であるフィル•ナイト氏の想いが詰まったこの本を読むことが出来て良かった。NIKEが、日本と関わりが深かったことも驚きまし...続きを読む

特集