「書くスピード」を上げれば、自然と仕事は速くなる。「300字に1日」かけていた著者が、「1時間で3000字」、そして「年14冊」の超速筆家になれた10倍速の全メソッドを初公開。「書くのが苦手」「何を書けばいいかわからない」「伝わらない」……。そんな悩みを持つ人も「伝わる文章」がスラスラ書ける!

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年08月25日
紙の本の発売
2017年08月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

10倍速く書ける 超スピード文章術

Posted by ブクログ 2018年01月06日

文章を速く書けるようになるための方法を扱う本ですが、スピード以前に、文章を書くことに苦手意識をもっている人にも、お勧めできる本です。本書で示されている方法は、「読み手にきちんと伝わる文章が書けない」、「どう書いていいのか書き出しの時点からつまづいてしまう」といった悩みを解決する方法でもあるからです。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

10倍速く書ける 超スピード文章術

Posted by ブクログ 2018年03月05日

上阪徹さんの本は2冊目です。

1冊目に読んだ『文章は書く前に8割決まる』と似た内容でしたが、この本はより具体的に素材の集め方や考え方について書かれていました。

ペルソナを知り合いの中から一人浮かべるというのはやったことなかった、おもしろいです。
あと推敲ね、大事だとわかっていつつも大雑把になって...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

10倍速く書ける 超スピード文章術

Posted by ブクログ 2018年02月19日

文章を書くのが苦手なので、読んでみた。
文章を書く時には素材集めをしておく必要がある。素材が揃っていれば従来よりも10倍速く書ける。ゼロから文書を書いてはイケないし、書くことが決まっていれば事前に素材集めに取り組むことができる。
企画書の読み手が知りたいこと:どんな課題をどのように解決するか?
短い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

10倍速く書ける 超スピード文章術

Posted by ブクログ 2018年01月03日

この手の本にしては核心をつき、本を書く人はこのような思考の流れ、考え方、組み立て方で本を書いてるのか。へえーなるほどと思う部分が多数あった。特に3素材を組み立てるの章はまるまる目から鱗であった。素材の集まり具合をマッピングはしたことがあるが、理解できる文への見える化については今後実践してみたい。キャ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

10倍速く書ける 超スピード文章術

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年12月29日

書くための素材をたくさん集め、それを特定の読者(イメージできる一人)に伝えるように補って書けば良い。上手く書こうとはしない。よい文章を書くために、気に入った良質の週刊誌などで継続的に学ぶ。

以下は読書順の箇条書き。
序章・1章
「どう書くか」ではなく「何(素材)を書くか」が重要。上手く書こうとしな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

10倍速く書ける 超スピード文章術

Posted by ブクログ 2017年08月29日

自分も師事するブックライター上阪徹氏。
そのライティング術の集大成ともいえる一冊。
インタビューからライティングを行うライターは必読。
実際の例文が載っているのがわかりやすい。

このレビューは参考になりましたか?

10倍速く書ける 超スピード文章術

Posted by ブクログ 2018年03月07日

一気にかかれた本、という印象をとても受けます。
ブログみたいな。
ですます調と、である調が混ざっていて、変だなーと思っていたら、意図的にやっている事が読んでてわかりました。
編集がちゃんとしていないのかなと、最初思っていました。つまり、違和感がありました。
でも、混ざってもいいんだ!という発見ではあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

10倍速く書ける 超スピード文章術

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年12月13日

読書日数 12日

昔は文章を書くことが苦手だった筆者が、20年間もライターとして活躍している中で、いかに速く効率よく文章を書けるようになったかを書いているもの。

素材を見つけ、それを組み立て一気に書ききる事。

これが終始書かれていた。

でも、この本を読んで、自分としては、余計に書けるマインド...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?