バッタを倒しにアフリカへ

バッタを倒しにアフリカへ

作者名 :
通常価格 1,012円 (920円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

バッタ被害を食い止めるため、バッタ博士は単身、モーリタニアへと旅立った。それが、修羅への道とも知らずに……。『孤独なバッタが群れるとき』の著者が贈る、カラー写真満載の科学冒険(就職)ノンフィクション!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2017年05月26日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
33MB

書店員のおすすめ

大量のバッタやゴミムシの描写や写真があるため、虫が苦手な人は注意して読んでください。
ちなみに、私はこの本を読み、作者のバッタを愛する気持ちに触れ、虫に対する苦手意識が和らぎました。そういう意味では、虫が苦手だけど、克服したい人におすすめできる1冊かもしれません。

この作品はノンフィクションです。しかし、2年間かつ年間380万円という厳しい条件の中で、知恵を振り絞り、どうにかしてバッタに出会うまでの冒険物語として楽しめます。
また、作者が研究者として歩み始めるまでの物語としても楽しめます。
個人的には、バッタを追い求める生活の中でこぼれ話として紹介される食生活の話が面白かったです。

昆虫が好きな人はもちろん、わくわくしたい人、異文化に詳しくなりたい人、実験・研究について知りたい人、人生に対するやる気がほしい人はぜひ読んでみてください。

バッタを倒しにアフリカへ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月19日

    とにかく軽快(笑)著者の研究への本気度はビシビシ伝わるが語り口の面白さと、ポジティブさ、写真にやられる!電車でニヤつきが止まらなかった。0からのサクセスストーリーでもある。ただ、バッタ結局どうなった?

    「つくづく自分はぬるいやつだ。だが、磨きがいがある。ぶつかる困難が大きければ大きいほど、甘えは削...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月28日

    以前から書店でインパクトのある表紙を見るたびに気になっていた本書。てっきり昆虫学の本かと思ってスルーしていたけど、おもしろいとの評判を聞いてようやく購入しました。
    素晴らしいの一言に尽きます。文章は軽妙で読みやすく、人を物語に引き込む力があります。研究に対する真摯な態度、襲いかかる困難と苦悩、人との...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月24日

    バッタに孤独相と群生相があって、活動パターンからまるきり違う風になるとは…。
    最近 やりすぎ都市伝説で、パキスタンまで サバクトビバッタが来てると聞き、戦慄を覚えた。

    コータローさん、がんばって! 
    未来の食を守って! 頼む!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月23日

    とにかく面白かった!
    筆者のキャラクターがユーモア溢れていてクスッと笑えて、またバッタ研究という未知な内容だったので知ることが多く勉強になりました
    何よりも情熱を持って人と違うことに立ち向かう姿は清々しかったです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月19日

    フォローしている方達の本棚に散見され、どのレビューも面白い!と太鼓判だったので、読んでみた。

    新書の割には厚みがあるような気がするが、著者のライトな筆致がグイグイ読ませる。
    運転手兼相棒ティジャニ氏とのやり取りも、モーリタニア(タコの輸入国くらいしかイメージなかった)という国を身近に感じさせてくれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月06日

    いやはや面白い本だった!のめり込むってこーゆーことね。著者も、読んでるこっちも。

    それにしても、こんなふうに自分が好きなものに心から没頭してるひとはいろんな人や物やバッタを引き寄せるんやなー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月03日

    過酷な環境下で現地の人を雇いながら、研究を行うのは相当な苦労だと思う。そうした中でも、何かを夢中にやる楽しさ、お金がなくてもやり続ける筆者の思いが伝わってきた。

    ユーモア溢れる文章で、一気に読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月27日

    好きなものに夢中になることは大抵の人にあることだと思うが、ここまで全身全霊で夢中になる人はなかなかいないのでは。そしてその熱が、ページをめくるたび心地よく伝わってくる。バッタ、昆虫、生き物、そして人間への愛が圧倒的。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月16日

    「バッタに食べられたい」と願う駆け出しの昆虫学者のアフリカ・モーリタニアでの奮闘記。
    単純に彼の行動力は本当にすごいと思った。
    夢をかなえるために異国の地で様々な困難に何度も遭遇しても、周りの人間に支えられながら、何としてでも目標を達成しようとする著者の姿は読んでいて非常に元気が出たし、その姿勢は自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月11日

    面白い!!!!
    心の底からバッタと、バッタを研究することが好きなんだと伝わった。
    32歳、無職。著者が大いなる冒険をした歳と、同じ歳になった。私の中にある情熱はなんだろうか。「お金」という縛りがなくなったとき、私は何に没頭したいだろうか、できるだろうな。長年の大それた夢などないけれど。今日も一歩生き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています