赤のテアトル
  • 完結

赤のテアトル

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

パリのファッション業界で、一躍名を馳せた女性靴ブランド・アバルキン。その急成長の裏には、秘密があった。それは淫らな肢体とむせ返るような色香で業界人を惑わす、美しき青年社長・ユーリの枕営業・・・。そんな娼婦まがいのことを夜ごと繰り返すのも、すべては愛しい側近のゴーストデザイナー・アダムの夢を叶えるため。彼を繋ぎとめられるなら、たとえ利用されていても構わないと気丈に身体を差し出すユーリだったが――。独占欲に葛藤するゴーストデザイナーと歪んだ愛を捧げる健気なミューズのめくるめく逆転主従ロマンス・ストーリー。

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
onBLUE
電子版発売日
2017年05月25日
紙の本の発売
2017年04月
サイズ(目安)
77MB

赤のテアトル のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    すき

    はん 2017年05月30日

    とてもとてもとてもすきなかんじでした。

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    つー 2021年02月01日

    想像以上のストーリー展開。これ絶対読むのしんどくなるパターンですよね。ずっとずっと高いヒールをはいている健気な受けが切ない。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ただ愛が欲しかっただけ・・・

    おじぃちゃん 2020年10月20日

    お互い拗らせていた故に不遜な時期が長かったけど、本当に欲しかったのは煌びやかな世界での注目でもお金でもなかった。
    ただ純粋に、互いを欲していただけ。
    遠回りしたけど、ハッピーエンド。

    って感想です。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    互いを犠牲にして

    真名兎 2020年07月16日

    愛するアダムの為に、彼の作ったハイヒールを履き、体を使って企業拡大を進めるユーリ。どんどん不安定になっていくユーリを支えるアダム。
    お互いがお互いの為に犠牲を払っていることにギリギリまで気づかない様が痛々しい。
    ラストに救いがあって、ホッとした。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    愛憎紙一重

    司馬犬 2019年11月27日

    ハイヒールを履く中性的美青年…というだけでも素敵ですが、主役2人がお互いドロドロと依存してすれ違う様も見どころです。
    読了感もすっきり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月01日

    最高だった!!!!
    1から100まで最高だった!!!!
    変に媚びずに、優しくしない展開も、ラストの番外編も最高だった!!!!!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    試し読みからは想像できない

    りつ 2021年10月07日

    シューズメーカー アバルキン創立者の息子ユーリと創立者のゴーストデザイナーとしてユーリの母に取り入り、ユーリをミューズとしてアバルキンを裏から操ろうとするアダム。ユーリの心が壊れ始めた時、アダムが選ぶ道は・・
    フランス映画のようなストーリーとピンヒールが本当に良く似合うユーリ。緒川千世先生の作品は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    依存

    梅雨 2020年08月15日

    暗めの感じかと思って読んでましたが、ハッピーエンドで幸せそうで何よりでした☺️あと、絵の美しさは安定ですね!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    nodame 2020年08月15日

    作者さん買いです!
    一言ではまとめられない、、
    受けも攻めも少し病んでて、でも綺麗で、作品に引き込まれました。最後はお互い幸せになれてほんとによかった🥺

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    うーん

    きのちゃん 2017年05月28日

    うーん。 あまあま好きな私にとっては、いたいたしい内容もあるけけれども、うーん。 星4つ☆ なんじゃそら(笑)
    でも、ちゃんとハッピーエンドです。

    あと、おじさま がんばっててびっくりしました(*´∀`)


    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

onBLUE の最新刊

無料で読める BLマンガ

BLマンガ ランキング

同じジャンルの本を探す

赤のテアトル ページトップヘ