僕のパパになってください
  • 完結

僕のパパになってください

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 759円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

僕は赤の他人にお金を払って、パパになってもらっている…。仕事に追われるSEの奈良春樹(30)は、不器用で自分にも他人にも厳しいが、“パパ”と慕う赤の他人の灰田克美(52)にだけは、素の自分をさらけ出すことができた。二人は擬似父子(おやこ)として、動物園や花火大会…etcと春樹が子供時代にやりたかったことを体験していく…。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
芳文社
掲載誌・レーベル
まんがホーム
ページ数
188ページ
電子版発売日
2020年05月07日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
99MB

僕のパパになってください のユーザーレビュー

    購入済み

    癒やされました

    なゆ 2021年01月25日

    このまま疑似の親子愛でも、関係性が変化しても、二人を応援したいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月21日

    緒川先生の作品は衝撃強めでドキドキする展開が多いので、タイトル的に危ない内容なのか!?と思ったら、ゆっくり、じっくり、じんわり優しい物語でした。身近な出来事のように感じられるお話です。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    どっち!?

    あちゃちゅむ 2020年11月25日

    親子愛の様で、BLの様で…切ないラスト…読み手によって色んな捉え方が、色んな愛があるってことらしいけど、気になるラスト…。続きが読みたい!!可愛いくて、切ない…。あぁやはり続きが読みたい!!続きを書く予定はないのであろうか?できればハッピーエンドで。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    新鮮。

    ぬぬぬ 2020年06月14日

    新鮮な作品でした。
    もらえなかった父からの愛とあげられなかった父の愛をお互いに満たし満たされ合う擬似親子の作品。
    主人公に秘密があったように、パパのほうにも秘密があるのかなあ。続き気になります。
    どんな展開だとしても2人には幸せになってほしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月09日

    ニアBLとあった通り、親子愛のような恋愛のようなという感じ。パパが落ち着いていて素敵。春樹くんは真ん中辺りになってくると子どもみたいでかわいかった。でも、30歳と考えると子どもっぽい行動が多くて少し違和感があった。巻数は書いていなかったのでこれで終わりだと思うが、まだまだ二人の様子を見ていたい終わり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    好きだな

    見取 2020年05月08日

    次も読みたい

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    新鮮な作品

    2020年06月08日

    これまでの作品を読んでますが、いつもと違ったテイストで心穏やかになれる作品でした。
    千世先生からのコメントにもありましたが、読者の捉え方それぞれに様々な受け取り方が出来る作品だと思いました。
    先生の新しい一面を見れたみたいで新鮮な気分です☺️

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    サバ缶 2020年05月17日

    BLでは有名な作者の温かい親子愛の1冊

    主人公が父親を求めていた理由が切なくて読み進めるページが重く感じた程だった

    続編を求める人の中には春樹が灰田さんと恋愛関係になる事を望んでいるだろうし、その方が話を進めやすいかもしれない

    だけどそうなった場合、一気に陳腐な作品なってしまいそう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    心をえぐってくる

    チョッピ 2020年05月14日

    30歳のゲイが、親から与えられなかった父性愛を求める話なんですが。
    なんというか、読んでいてツライ。心をえぐってくる。
    主人公が小学生なら自然なシーンでも、30と熟年のオッサン2人連れであちこち遊びまわるのですが、主人公が本当に楽しそうで、2人ともなりきっているのが微笑ましくも痛々しい。
    最後は含み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年06月30日

    タイトルが意味深で期待しすぎてしまいましたがニアでした。

    ゲイの春樹は両親とは疎遠になってしまっていますが子供の頃は絵に描いたような家族。健康を思い料理を作る優しい母親。でも父親はしごとが忙しく遊んでもらったり優しい言葉をかけてもらえた記憶はあまりなくて。
    気分が悪くなった電車内で助けてくれた父親...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています