忘れられた日本人

忘れられた日本人

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

柳田国男・渋沢敬三の指導下に、生涯旅する人として、日本各地の民間伝承を克明に調査した著者(一九〇七―八一)が、文字を持つ人々の作る歴史から忘れ去られた日本人の暮しを掘り起し、「民話」を生み出し伝承する共同体の有様を愛情深く描きだす。「土佐源氏」「女の世間」等十三篇からなる宮本民俗学の代表作。 (解説 網野善彦)

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波文庫
ページ数
334ページ
電子版発売日
2017年04月20日
紙の本の発売
1984年05月
コンテンツ形式
XMDF

Posted by ブクログ 2017年04月23日

時代の進歩の陰で失われていくもの、忘れ去られていくものを考え直させられる。時代は常に移り変わっていくもので、今もなおその中で繰り返し何かが淘汰されていく。全てを残すことが良いのではない、しかしここに収められた先人の足跡は根本的な人間のあり方として心の片隅に生かす価値のあるものであることは間違いない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月01日

「姑による嫁いじめ」も「嫁による姑いじめ」もあったが、前者ばかりが有名なのは若い方が発信力が強かった、という話。
 などなど相変わらず興味深い話が盛りだくさんの宮本常一氏の著。ほんの少し前のことなのに結構忘れられていたり、事実とは異なる固定観念にとらわれていることも少なくない。
 その一例が先述の嫁...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月23日

わずか百年たらずのうちに、日本人の生活はこうも変わってしまったのか…。
数十年前までは、日本全国にありふれていた風景と生活ぶり、しかし今ではイメージすることさえ難しい。
そしてここで描かれている人々のなんと情緒豊かなこと…。ワタシたちの暮らしのなんと殺伐としていること…。

色んな感慨を深くし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月20日

ネタバレ明治以前の日本は性に関しておおらかであったことは知っていたが、農村部では明治期くらいまではそのような慣習が残っていたというのは初めて知った。電車の中で読んでいて思わず赤面してしまった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月10日

農家の家に生まれたのにあまり農業に関心がなかった自分にとって、農業をとりまく村の生活が伝承されるべきものなのだということを知れてすごく良かった。そして名もない人々のたくましく歩んできた軌跡に心打たれた。しみじみと心が澄み渡っていくような感じがした。「私の祖父」「世間師」「文字をもつ伝承者」がものすご...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play