桜のような僕の恋人

桜のような僕の恋人

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

美容師の美咲に恋をした晴人。彼女に認めてもらいたい一心で、一度は諦めたカメラマンの夢を再び目指すことに。そんな晴人に美咲も惹かれ、やがて二人は恋人同士になる。しかし、幸せな時間は長くは続かなかった。美咲は、人の何十倍もの早さで年老いる難病を発症してしまったのだった。老婆になっていく姿を晴人にだけは見せたくないと悩む美咲は……。桜のように儚く美しい恋の物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
600ページ
電子版発売日
2017年04月07日
紙の本の発売
2017年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

桜のような僕の恋人 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月18日

    とてもよかった。
    晴人くんの心情や気持ちの変化などがとてもわかりやすく書かれていた。
    初めて恋愛小説読まれる方でも読みやすいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    2021年04月11日

    切ない。切なすぎる。
    淋しさで心が裂けそう。
    内容を思い出すだけで涙が溢れてくる。
    ぁぁぁぁぁぁぁ

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    泣ける

    つん 2021年03月14日

    毎日寝る前に読むのが習慣になっていましたが話が進むにつれて毎晩号泣し、次の日目がぱんぱんに腫れ上がりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月13日

    2回目に泣いた小説
    結構ちゃんと泣きました、
    映画とかで泣けない私が泣けたので泣きたい人は是非!ちなみに中学生です。

    病気系のあるあるである程度読めば結末は予想できます!でも、考えれば考えるほど泣けます

    本当にいい作品です

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月11日

    本を読むことが苦手だったが、あっという間に読み終わり、最後のほうの30分間は号泣しながら読みました。はじめて小説で泣いて本の面白さを知りました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月10日

    切なすぎて涙が止まりませんでした
    こんなにも純粋で初々しい恋にずっと胸が締め付けられる思いで読んでいました。
    私にもきっとあったであろう初恋を、忘れてた何かを思い出させてくれる本でもありました。
    とにかく面白い。
    本が苦手な人でもきっとスラッと読めてしまうのではないでしょうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月05日

    お互いが自分自身を責め、それでもなお、お互い好きな人を忘れられずに思い続ける気持ち。好きな人のために頑張れるというお互いの想いが切なくて悲しい結末になるとは思ってもいませんでした。涙なしでは読めない作品。ほんとに素晴らしい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    最後

    ゆき 2020年08月04日

    やばい泣ける…

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    感動!

    sa 2020年02月01日

    今まで読んだ本の中でいちばん感動したかもしれません。大切な人に毎日最大限の愛を伝えようと思わせてくれた1冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    えみたん 2018年09月02日

    久しぶりに本で泣いてしまいました。
    時間の大切さや伝えたいことが明白でストレートに表現しているので心情や感情の揺れ動きは分かりやすかったです。
    このストーリーはとても切ないのですが、そのどこにも行き場の無い思いの切なさ、取り返しのつかない
    すれ違い、儚く散っていく恋の美しい物語でした。
    泣き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています