死にゆく人のかたわらで ガンの夫を家で看取った二年二カ月

死にゆく人のかたわらで ガンの夫を家で看取った二年二カ月

作者名 :
通常価格 1,232円 (1,120円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
在宅介護、延命治療、夫婦の絆……。
夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
「ガンの夫を家で看取った。夫はわたしの腕の中で息をひきとった。それだけがこの本を書き始めるきっかけである。それは静かな最期であり、わたしに残ったのは感謝と明るさだけだった」――末期ガンを宣告された著者の夫は、積極的な治療は受けず、最後の日々を自宅で過ごすことを望む。本書はその2年間の看取りの記録である。医師との関係、痛み、お金など、多くの人がぶつかる在宅介護の問題をどうクリアしたのか? 出産のあり方を研究してきた著者が人の死に向き合ったとき、見えてきたものは何か? 誰もが直面する介護・終末期医療の問題の実践的教科書であるとともに、逝く者と看取る者がともに満たされて過ごす、豊かな死と生を描く感動の書。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2017年03月08日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

死にゆく人のかたわらで ガンの夫を家で看取った二年二カ月 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年12月23日

    愛する夫をきちんと我が家で看取ったプロセスを爽やかなタッチで論理的に綴った素晴らしい本でした(感謝)。
    第1話 家での看取り
    第2話 最後の半日
    第3話 晴天の霹靂?
    第4話 いちばん怖かったこと
    第3話 お金の問題
    第4話 痛み
    第4話 延命治療
    第5話 家族の場所
    あとがき

    あとがきの最期の文...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています