枯葉の中の青い炎

枯葉の中の青い炎

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

老いた名投手の悲願を叶えるため、災いが襲うことを承知で呪術を使う男の話「枯葉の中の青い炎」。一カ月だけ愛人と同棲したい、という夫の望みを聞き入れる妻が妖しい「ちょっと歪んだわたしのブローチ」。奇妙な匂いに誘われて妻の妹をレイプしてしまった男のモノローグ「水いらず」など、濃密な味わいを持つ六つの物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2017年03月10日
サイズ(目安)
1MB

枯葉の中の青い炎 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年11月12日

     人気なさそうですが(笑)、本屋で何気なく目に付いたので購入。個人的にサイコーです。買ってよかった!!
     現実的にはまったくありえないだろう話と、事実と虚構が融合した話と2タイプに分けられます。
     前者はその非現実性によって、かえって常識的想像をよせつけないまったき一つの空間を創出しています。後者は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    芥川賞作家辻原登の、表題作を含む6編の短編集。
    独特の(作品の題名にもあるように)ちょっと歪んだ世界が丹念な描写によって描かれており、読み終わった後はしばらくぼーっとしてしまう。
    私としては特に最初の「ちょっと歪んだわたしのブローチ」と、最後の「枯葉の中の青い炎」が良かった。
    読書家としての作者の姿...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月26日

    最初の話とかはなかなかだったんだけども、、後半になるにつれて、なんだかエッセイ風というか、昔の小説っぽい感じになっていく、気がする。いや、そういうわけじゃなくて、そういえば昔こんな話があって、、という日本昔ばなし的な感じか。
    スタルヒンとかユニオンズとか、へー、ってなるけど、なんかwikipedia...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月14日

    「ちょっと歪んだわたしのブローチ」
    「水いらず」
    「日付のある物語」
    「ザーサイの甕」
    「野球王」
    「枯葉の中の青い炎」

    の短編6編。

    短編なのに、なにこの重厚感。
    いろんなものがつまってる感じです。
    個人的にはツシタラと呼ばれる不思議な語り部が語る「枯葉の中の青い炎」がGOO...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月31日

    ○2010/07/10 
    中古屋にて長いタイトルが気になって、短編集だっていうことで購入。面白いものもあったけど、で、これはどいう言いたいの?っていうのが。
    不思議な話というか度を越した狂気と言うか、最後まで読んでみると一番しっくりくるテーマは”奇憚”だろうか。そういう話書くぞーって意気込んだはいい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング