考具

考具

作者名 :
通常価格 1,296円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

丸腰で、仕事はできない――。
日々「企画の真剣勝負」に挑んでいる著者が、
あなたのアタマとカラダを『アイデア工場』に変える
とっておきのシンキング・ツールを初公開!

1.情報がアタマに入ってくる考具
   「カラーバス」
   「聞き耳」
   「ちょいメモ」他

2.アイデアが拡がる考具
   「ポストイット」
   「マンダラート」他

3.アイデアを企画に収束させる考具
   「5W1Hフォーマット」
   「ビジュアライズ」他

4.行き詰まったときの考具
   「アイデアマラソン」
   「問いかけの展開」

5.あなただけの考具
   「情報メディア」
   「プロダクト」他

ジャンル
出版社
CCCメディアハウス
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年03月01日
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

起業家けんすう氏も激推し!考えるための道具、あります!
本書はタイトル通りアイデアマンじゃなくても今日から真似できる方法が実例とともに紹介されています。
著者は初めに「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」、そしてアイデアとは「わがまま→思いやり」だと提示します。アイデアは既存の要素の組み合わせ〜、そう言われたらアイデアを考えるハードルが一気に下がりませんか?よほどの天才ではない限り、アイデアをゼロから生み出すのは難しいでしょう。でも、世の中の多くは既存のアイデアを組み合わせたものに溢れていることにすぐに気がつくはずです(例えば、携帯電話+PC=スマホ)。
基本は考具を使ってアイデアを大量に出し(わがまま)、自由に組み合わせます。そして、他者を想像しながら企画に落とし込みます(思いやり)。考具の種類は実に豊富なので、試しながら自分にあったものを見つけることができるのもおすすめです。

Posted by ブクログ 2018年12月01日

リアルなアイディアの出しかたが書いてある。
かなり地味な作業が多いけど、習慣化できたらアイディアマンになれる。
例えば、カラーバス、マインドマップ、など。
そして、発散したアイディアをどう収束するかも書いてあって、最初は見ながらでも、試してみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月12日

とにかくアイディア(夢物語)をできるだけたくさん出す柔軟な発想を養う。それを実現可能な企画に練りなおす。5W1Hで企画書にまとめる。そのための考具を紹介している。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月12日

10年前に先輩のすすめで読んだ本。
最近、そういえばこんな本あったなあーと読み返してびっくり!いまだに考えをまとめるときに実践している方法がそこに書かれていた。というわけで、わたしの仕事のやりかたを固めてくれた本である。他の内容もいまだに色あせない。ぜひ『考えること』を仕事にしている人は読んでほしい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月18日

★アイデア出しのノウハウとともに、そのような意識を常に持って過ごすこと、職業人の生き方、みたいなものも学べる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月21日

考えることを補助するツールや、その利用イメージを紹介する本
この本で紹介されたツールを使えば、ちょっと普段と異なる視点でのインプットや、今まで思考に乗せることができていなかった情報の取り出しが可能になりそう。

それぞれのツールには軽く触れていく感じ。
もしそれぞれの手法に興味が沸けば掘り下げても良...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「考具」に関連する特集・キャンペーン