台湾かあさんの味とレシピ:台所にお邪魔して、定番の魯肉飯から伝統食までつくってもらいました!

台湾かあさんの味とレシピ:台所にお邪魔して、定番の魯肉飯から伝統食までつくってもらいました!

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

さまざまな美食で、旅人を惹き付ける台湾。
屋台、レストラン、夜市、外で食べる料理の数々もいいけれど、
台湾の人たちが家で食べている「家庭料理」はそれらの外食とちょっと違うのをご存知ですか?

たとえば、ざざっと炒めるだけの簡単なおかずや麺、昔ながらの保存食、
定番の魯肉飯だって家庭ごとに作り方や味が違うんです。

そんな、台湾の人たちが実際に食べている家庭料理を
料理上手なかあさんたちに作ってもらいました!

キーワードは「家族への愛情」と「それぞれのファミリーの背景」。

何代も台湾に住んでいる、正統派台湾っ子ファミリーの味。
比較的新しく中国からやって来た台湾人の家庭は、
台湾料理と中国料理のミクスチャーな味がいろいろな土地の風土を感じさせてくれる味。
元は厳しい山中に住んでいたため、保存食や独自の文化を持つ客家ファミリーの家庭の味。
実はベジタリアンパラダイスな台湾。
そんな台湾らしいベジタリアンファミリーの肉なし、けれども美味な創意工夫の味。

かあさんたちのレシピはかなり豪快なので、通常の料理レシピ本とは違います。
「これがウチ流なのよ」。
そう語るかあさんたちの愛情たっぷりな味をレシピから感じ、
自分流にアレンジして楽しんでもらえたらと思います。

そして、いろいろなかあさんと家庭を通して、その文化も感じて欲しい。
もっともっと台湾に近づくきっかけになって欲しい。
そうした思いを込めて作った本です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 食・料理
出版社
誠文堂新光社
ページ数
192ページ
電子版発売日
2017年02月03日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
82MB

台湾かあさんの味とレシピ:台所にお邪魔して、定番の魯肉飯から伝統食までつくってもらいました! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月24日

    韓国編と同様、レシピ本としてだけでなく、読み物としても面白いです。内地からの移住者など、台湾以外の味も少し入っています。レシピそのものは量が多かったり、日本で手に入りにくい食材が出てくるので、自分でアレンジできる上級者向けだと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月20日

    何度も諦めたけど、やっぱり大同電鍋欲しいよー。
    魯肉飯のレシピが複数あって、好みの味を見つける楽しみも提供してくれている。
    できる範囲ではじから作ってみるよ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月28日

    パラパラめくるだけでワクワクする。現地ではたのしみきれない気がするから、日本の本格台湾料理屋さんへ行きたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています