台湾行ったらこれ食べよう!:地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

台湾行ったらこれ食べよう!:地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

作者名 :
通常価格 1,512円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

日本人にもなじみの深い定番料理はもちろん、「四神湯」「下水湯」「油飯」など名前を見ただけでは想像もつかない(けれども美味!)料理や、見た目はイマイチでもとってもおいしい料理など、台湾通や地元の人たちが本当に愛する料理を厳選してご紹介。さらに「このスープを飲むときはテーブルの上にある酒を入れてアレンジする」「このご飯を頼む場合はこのスープと組み合わせるのが定番!」など、現地の人の食べ方のポイントも料理ごとに掲載。街のいたるところに日常的にある料理がほとんどなので、この本を見れば街歩きがもっと楽しくなることうけあい。飛び込みで食堂に入ってもうろたえることなく現地の人に交じって食事ができる料理とコツが満載です。実際試してみたいけれどどうなんだろう?というような料理やテンションアップ必至のエンタメめし、ドリンクスタンドでのオーダーのコツ、簡単中国語などなど、お役立ちプチ情報も。読んで楽しい、使って頼もしい、どっぷりと台湾に浸かりたい!台湾LOVEな人にぜひ読んでいただきたい一冊です。

ジャンル
出版社
誠文堂新光社
ページ数
144ページ
電子版発売日
2016年10月21日
紙の本の発売
2015年02月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年12月14日

台湾の、庶民的で安価なグルメのガイドブック。
美味しそうな写真、memoで内容を知らせ、
現地の人の食べ方を伝授。
便利な単語集と指さしメニューのページ、
掲載されたメニューを出す店の地図まである親切さ。
ほぼ台北の店だけど、かなりの数。
台湾へ行ったら、どれか一つでも味わってみたくなります。
あぁ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月17日

台湾のいろんな料理が名前の由来や現地の方の食べ方などと一緒に乗っていて、ほっこりさせる写真でとてもいい!
また旅をしたくなります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月08日

台湾食べ歩きにとても、役立ちました。紹介されているけど、無くなっている店もありました。
店を紹介する本と言うより、台湾の屋台飯の常識がわかる本。
読めない漢字のメニューとイメージが、合致するので、食べたいものを注文出来ました。
何処もお値段が安いです。
表紙になっている、天天利はお勧めです。
高級な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年02月13日

巻末に載っている指さし中国語が役にたちそう。
”オーダー時によく聞かれること”とか、””メニューによく書いてあるフレーズとか。
”麺線”ミェンシェンこれ一押し。
カツオ風味のとろみのついたスープに、溶けるかと思うほどよく煮込まれた柔らかくなった素麺のように細い麺。最後にかけられるソースはニンニクが効...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play