惑星カロン

惑星カロン

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

喧噪の文化祭が終わり三年生が引退、残った一、二年生の新体制を迎えた清水南高校吹奏楽部。上級生となった元気少女の穂村チカと残念美少年の上条ハルタに、またまた新たな難題が? チカが試奏する“呪いのフルート”の正体、あやしい人物からメールで届く音楽暗号、旧校舎で起きた密室の“鍵全開事件”、そして神秘の楽曲「惑星カロン」と人間消失の謎……。笑い、せつなさ、謎もますます増量の青春ミステリ、第5弾!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2017年01月25日
紙の本の発売
2017年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

惑星カロン のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年08月27日

    これぞ本格ミステリ! 解説でもいうように、幻想的な謎と論理的解決がなされていて、とても楽しかったです。いつも通りのハルタとチカの会話にも引きこもれ、シリーズの中でも特におすすめです♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月03日

    古典部のメンバー同様、チカちゃんとハルタも卒業に近づき、みんな大人になってゆく。

    表題作にもなっている「惑星カロン」がデビュー作を感じられて、初野さんは青春ものよりもこうした作品が上手いんだよねと、久々に「水の時計」が読みたくなってしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月27日

    目の前のことに精一杯だったハルチカが、自分がいなくなった後の部活を考えるようになったり、草薙先生の過去が少し垣間見えたりと、ストーリーとして進み始めたな、という巻でした。短編すべてを読み終えると実は繋がってた!となるのが読んでて嬉しい。謎解きの方向もいろいろあって今回もおもしろかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月11日

    チカママかわいい。総銀製の飾り彫りのフルートを廻る運命と50億キロの距離。久々な上に脇が多くて登場人物がちょっと整理できなくなってきた笑。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月07日

    チカの“どんま~い”発言に思わず笑ってしまいました。吹奏楽部員の軽妙な掛け合いが、重い話を程よく緩和してくれているようでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月05日

    先生の過去が少し垣間見えそうな。
    最近読む小説は、最新の科学技術ネタを取り入れたものが多いな。
    (私の好みの偏りか、、)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月21日

    途中までは割と軽く読んでたけど、最後の表題作がよかったので星一つ追加。
    これまでの伏線がつながっていくのが気持ちいいし、作品全体に関わる話も出てきた。登場人物の成長、時間の流れも感じられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月08日

    五つの短編だったけど、『チェリーニの祝宴』と『惑星カロン』は話が繋がっていておもしろいけど、最後には少し切なくなってしまった。
    五つの中でも特に印象に残ったのは題名にもなっている『惑星カロン』
    テーマが少し重かったけどそう遠くない未来に実現しそうな話で、その問題点もしっかり捉えていて考えさせられるも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月22日

    これがシリーズ最後かな?
    次の世代へ交代していくんやなって感じれたけど、惑星カロンは切ないね・・・
    残された方の気持ちも分かるけど・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月12日

    ハルチカシリーズ第5弾
    4編からなる短編集
    過去シリーズを読んでるので手に取ってみた

    正直このシリーズ自体に少し飽きてきたのかもしれない
    学生物の推理小説として読めば別にいいんだろうが、普門館を目指す青春小説として読むと歩みが遅すぎて少しだれてきた

    ヒットしているシリーズものとして、出来る限り長...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています