火目の巫女 巻ノ三
  • 最新刊

火目の巫女 巻ノ三

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

都に起こる異変の原因を突き止めるべく調査を開始した伊月と豊日。御明かしたちの身体に起こる異変、忌み字を冠する火護<し>組の新設、秘められた豊日の過去。刻々と変化する事態に伊月はどう立ち向かう!? “化生” と呼ばれる魔物と戦う巫女たちの物語。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2017年03月04日
紙の本の発売
2006年08月
サイズ(目安)
5MB

火目の巫女 巻ノ三 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    今回はとてもよかったです。
    2巻は少々微妙に感じましたが、3巻はいい感じ。
    作者の方には期待しています。

    しかし火目がほんと役立たずです。
    常和の死は・・・無駄だったのか・・・?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    中々面白かったですよ。ただ、相変わらずあれっと思ったのが、何故御明かしが小さい子ばっかりなのか。だって伊月とか佳乃とかも結構歳とってたじゃない。まあ、引き取られるのは若かったとしても、一人くらい最年長いても良いし、子供ばかりでなんだかうざったく感じられた(こども嫌い)今回はストーリー的にはすごい好き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月29日

    最終巻。全体的に明るい内容の話ではなかったのですが
    読みやすかったと思います。
    1巻だけが良くて後は尻すぼみ・・・ということもなく、
    最後まで読んで「また読み直してみようかな」と思えるシリーズでした。

    このレビューは参考になりましたか?

火目の巫女 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 火目の巫女
    649円(税込)
    その国は、“化生” と呼ばれる異形の怪物に脅かされていた。化生に対抗できるのは、「火渡」 という弓を預かるただひとりの “火目” だけ。火目を目指すものたちが集う、宮中の火垂宛──。そこには “御明かし” と呼ばれる三人の火目候補、化生に村を焼かれた伊月、どこか謎めいた盲目の佳乃、無邪気で才能溢れる常和がいた。化生との遭遇と戦い、火垂宛からの脱走。三人はさまざまな苦難を経験し、時に諍い、時に助け合いながら絆を深めていく。そんな折、化生の勢力が増し、当代の火目の衰えが囁かれるようになった。そして伊月は、御明かしと化生の奇妙な共通点を見つけるが……。
  • 火目の巫女 巻ノ二
    627円(税込)
    “化生” と呼ばれる魔物から都を守る巫女―― “火目”。その役目を終えた先代の火目・時子を埋葬する廃火の儀の最中に、時子が化生となり逃亡した。“火護(ひもり)” 唯一の弓衆となった伊月は、その追跡を開始するのだが……。巫女たちの成長と戦いを描く、和風ファンタジー・第2弾!
  • 火目の巫女 巻ノ三
    715円(税込)
    都に起こる異変の原因を突き止めるべく調査を開始した伊月と豊日。御明かしたちの身体に起こる異変、忌み字を冠する火護<し>組の新設、秘められた豊日の過去。刻々と変化する事態に伊月はどう立ち向かう!? “化生” と呼ばれる魔物と戦う巫女たちの物語。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています