再発! それでもわたしは山に登る

再発! それでもわたしは山に登る

作者名 :
通常価格 1,200円 (税込)
紙の本 [参考] 1,512円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

1万冊以上半額☆カドカワ祭 ゴールデン!

作品内容

がんに冒されながらも明るく前向きに人生を楽しんだ、世界初の女性エベレスト登頂者・田部井淳子。
山を愛し、夫を愛し、人々との出会いを大切にしたかけがえのない日々……。

2016年10月20日、亡くなる5日前の病室で「みなさん本当にありがとう!!ありがとう!!百万遍もありがとう!!」と書き残した。

がんの再発から、ガンマナイフ治療、あらたな抗がん剤の使用、海外登山に、講演会と精力的に過ごし、2016年7月の東北の高校生の富士登山プロジェクトが最後の登山となった。病室で、打つ手はないとわかりつつも来月、来年の予定まで考え続けていた著者の姿勢に心打たれる感動の闘病記。

山の同志であり人生のパートナーであった夫・田部井政伸氏の手記も収録。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年12月22日
紙の本の発売
2016年12月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年05月20日

田部井淳子さんが埼玉県川越市で暮らしていらっしゃったことは知っていました。川越市には私が敬愛してやまない帯津良一先生の病院があるのですが、田部井淳子さんがお亡くなりになったのは帯津病院だったのですね。この本は、田部井さんが亡くなられた2016年10月20日(享年77)後の2016年12月の発行です。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月07日

“がんはこうして話す時間があるからいいのだ。脳梗塞のようにぱったりしゃべれなくなるのは大変だ” 癌が再発してもどこまでも前向きな田部井さんに驚かされます。
闘病記もですが、エベレスト登頂の回想に思わず涙しそうになりました。
山を愛し、人を愛し、生きる喜びと楽しさを忘れない田部井さん。本当に素敵な人で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月21日

著者は登山家で世界初の女性エベレスト登頂者。がん告知から再発、脳への転移という厳しい状況…。ガンマナイフ治療に抗がん剤治療、副作用、医師からの励ましなどが日記の形で記録されている。治療の合い間に国内外の山に登り、講演をこなし、イベントに取材…。福島出身の著者は、東北の高校生の富士登山を先導する。家族...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています