佐藤オオキのボツ本

佐藤オオキのボツ本

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

佐藤オオキさん率いるデザインオフィスnendoでは、現在400を超えるプロジェクトを同時進行させながら、「提案の数」「質」「スピード」の3つすべてを目指しています。クライアントから依頼を受けてから短期間で複数の詳細な案をしっかり提案し、プレゼンが盛り上がる。まるで息をするようにたくさんのデザインを生み出す佐藤さんの仕事の後ろには、当然のように、大量の「ボツ案」が積み上がっていきます。

 ほとんど外部の人の目に触れることなく、闇に葬り去られる「ボツ案」。しかしそこに焦点を当てれば、プロジェクトのプロセスを詳細に伝えられるかもしれない。アイデアの生み出し方、プロジェクトの動かし方、思考の整理の仕方までを語れそう・・・佐藤オオキさんのそんなひと言から、本書は生まれました。

 一見華麗に見えるかもしれないプロジェクトの陰には、多くの失敗があります。考え方を変えれば、むしろ1つの成功のために、数々の失敗をあえて生み出す必要があると言えるかもしれません。本書では、さまざまな企業にご協力をいただき、佐藤オオキさんの“門外不出”の渾身のボツ案を一挙公開。アイデアがボツに至るプロセスを類型化し、ボツ案が生成されるプロセスを整理して、そこに至るまでの過程を図式で示しています。
「ボツ」を恐れる必要はありません。それは、成功への第一歩なのです。


第1章 散りゆくボツ案
第2章 未来を導くボツ案
第3章 ボツ案を育てる
第4章 蘇るボツ案
第5章 人を育てるボツ案

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
ページ数
200ページ
電子版発売日
2016年12月09日
紙の本の発売
2016年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
33MB

佐藤オオキのボツ本 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年01月01日

    商品開発についての考え方をボツになったネタから説明している。
    消費者はコミュニケーション性とユーザビリティ。生産者はオペレーションとメンテナンス性を重視。その4象限で考える。
    座るのではなく、立つ。椅子の後ろを見るなど、反対の発想という手法。
    他の業界ではどうかを考える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月25日

    著者の頭の中で整理された発想法より、こんなふうに思考途中のものを読者と一緒に解き明かしていくような本の方が身につきやすい気がする。ありがたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月25日

    nendoの佐藤オオキさんがクライアントに依頼を受けてからどのような思考過程を辿り、どんな案を出し、最終的にどの案になったのか等が載っている。
    「ボツ案」をすごく肯定的に捉えていて、なるほどボツ案にも起爆剤やストック案としての役割があるのだなと分かった。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ちょっと期待と違った

    なり 2018年06月29日

    内容はとても面白く、なるほどこうしてデザインしているのかと思う反面、発想法の勉強ならもっと専門的な本の方がいいし、読み物として読むならもっとクライアントとのやりとりを書き込むべきだと思った。どっちつかず感があって心から面白がれなかった。この本の目的は何だったのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月07日

    蘇るボツ案がよかった!
    成功してる人ほど努力してるということ。意識的に的の中心と端と外を狙った提案をすることで、チームのビジョンを明確にするというところが、なるほどなと思わされた。
    どんな仕事にも活かせる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年09月16日

    アイデアは他の複数の領域の間を意識。

    他の業界の発想を重ねる。

    時間のリデザイン。

    アイデアはつながることで強くなる。

    ファスナーを斜め入れ、カドで重なりあうことで、
    縦横どちらにも開くスーツケース。

    チューブ型パッケージのガム。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています