ちいさな城下町

ちいさな城下町

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

実は驚くべき歴史通だった! 水丸さんの旅エッセイ

城址に立つと「兵どもが夢のあと」とでもいうのか、ふしぎなロマンに包まれる。なまじっか復元された天守閣などない方がいい――十万石以下の一番それらしい雰囲気を残す城下町を、地図を手に歩き、歴史に思いを馳せ、名物に舌鼓をうつ。城と歴史をこよなく愛した水丸さんの、味わい深い紀行エッセイ。
歴史的事件や人物の逸話、四コマ漫画も読んで楽しい。
解説・松平定信

【目次】
村上市(新潟県)
行田市(埼玉県)
朝倉市(福岡県)
飯田市(長野県)
土浦市(茨城県)
壬生町(栃木県)
米子市(鳥取県)
安中市(群馬県)
岸和田市(大阪府)
中津市(大分県)
掛川市(静岡県)
天童市(山形県)
新宮市(和歌山県)
西尾市(愛知県)
大洲市(愛媛県)
亀山市(三重県)
木更津市(千葉県)
高梁市(岡山県)
沼田市(群馬県)
三春町・二本松市(福島県)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2016年11月25日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

ちいさな城下町 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年10月12日

    安西水丸(あんざい みずまる)(1942~2014)「ちいさな城下町」、2014.6刊行、2016.11文庫。10万石以下の城下町の雰囲気と名物を味わう紀行エッセイです。行田(忍城)、西尾(西尾城)、米子(米子城址)、高梁(備中松山城)など20ヶ所が紹介されています。「のぼうの城」で有名になった忍城...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月19日

    20170319 お城を巡る旅行記のようで楽しめた。単なる歴史紹介でない所が良い。たまたまかもしれないが作者の命日に読み終わった。無作為にページを広げ開いた城を見に行ってみようかな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年03月17日

    3年前(3日後が命日だ!(◎_◎;))に亡くなった、安西水丸さんの訪城記。その選択も渋いっす。村上城とか、安中城とか、請西藩とか、多くの人が知らないんじゃないか。

    城跡と町の歴史と街並み、酒、食べ物、温泉、そして前フリ的に語られる、安西さん自身の思い出やエピソード。添えられたイラストとも相俟って、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年01月01日

    村上春樹の作品の挿絵等を書いており、作品の展覧会にも行った。
    お城好きとは知らなかったが、大変楽しい本になっている。歴史への含蓄も深く、勉強になった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています