源氏物語 あさきゆめみし 完全版(10)
  • 完結
  • 最新刊

源氏物語 あさきゆめみし 完全版(10)

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

薫(かおる)に愛されながら匂(におう)の宮(みや)を慕ってしまう。彼は姉の夫なのに。薫と匂の宮を虜(とりこ)にした宇治(うじ)の姉妹には、もうひとりの妹・浮舟(うきふね)がいた。亡き恋人の代わりとして薫に愛される浮舟だったが、一度だけ会った匂の宮との、情熱的なひと時に心をかき乱されていた。彼女の心が激しく揺れる……。“大和源氏”完全版、完結巻! 書き下ろしエッセイ8ページも収録!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
Kiss
電子版発売日
2011年12月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
175MB

源氏物語 あさきゆめみし 完全版(10) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    言わずと知れた名作中の名作。少女漫画という手法を用いた『源氏物語』の入門書であり解説書です。『源氏物語』のことを全然理解していなかった僕も、本書のおかげで少しは理解できるようになりました。ただし、今だに登場人物の区別が大変…。光源氏の殿上人っぷりが凄まじいです。

    高校受験や大学受験の際、古文のお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    高校時代に途中まで読んだことがあったが
    すっかり忘れていました。それにしても
    恋多き男性であります・・。

    ところどころ原文で読んだ箇所が出てきて
    懐かしかった。それにしても雅な時代であります。

    紫の上が当時としては、待つ身だけの、男性に頼るだけの
    女性の幸せを考える件がありビックリした。
    これは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

源氏物語 あさきゆめみし 完全版 のシリーズ作品 全10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 源氏物語 あさきゆめみし 完全版(1)
    完結
    恋した人は、義理の母。光源氏(ひかるげんじ)を生涯苦しめる、許されぬ恋が始まる。多くの女性と恋に堕ちた光源氏の恋物語は、藤壺(ふじつぼ)の宮(みや)への恋から始まった。相手は父の妻、そして義母。しかし源氏は、決して越えてはならない一線を、踏み越えてしまうのだった……。今こそ読みたい、極上ロマンス! 雑誌掲載時のカラー原稿を初めて完全再現した、全巻合計120ページのカラーで魅する大...
  • 源氏物語 あさきゆめみし 完全版(2)
    完結
    愛する人は数知れず。しかし光源氏(ひかるげんじ)が求める愛は、ここにはない。藤壺(ふじつぼ)の宮(みや)の懐妊、それは光源氏が父を裏切った末の不義の子だった。そんなとき、妻が子を宿す。源氏は生まれてくる我が子に救いを見いだすが、それを知った愛人が正妻を苦しめ……。
  • 源氏物語 あさきゆめみし 完全版(3)
    完結
    相手は政敵(せいてき)の娘にして兄の妃(きさき)。危険な恋は時に悲劇をもたらす。藤壺(ふじつぼ)の宮(みや)に似た女性に成長した紫(むらさき)の上(うえ)と夫婦となった光源氏(ひかるげんじ)。しかし理想の女性探しは続き、以前から交際していた兄の妻・朧月夜(おぼろづきよ)の君(きみ)と逢瀬(おうせ)を重ねる。やがて不倫は露見。謀叛(むほん)を疑われた源氏は政界を追放され……。
  • 源氏物語 あさきゆめみし 完全版(4)
    完結
    失った恋人を思う光源氏(ひかるげんじ)。その陰で愛妻が心を乱していると知らずに。不倫の罰を乗り越えた光源氏は、政界に復帰。最愛の妻・紫(むらさき)の上(うえ)と蜜月を過ごしながら、若き日の恋や明石(あかし)に残した妻子を思う。一方で永遠の恋人との別離(わかれ)は、確実に近づいていた……。
  • 源氏物語 あさきゆめみし 完全版(5)
    完結
    養女にして亡き恋人の娘。その美しさが、光源氏(ひかるげんじ)の理性を失わせた。亡き恋人の娘を、養女に迎えた光源氏。姫を貴婦人に育て、最良の縁談を調えようとしたのは、親心のはずだった。しかしその美しさに心を奪われ、養父としての一線を越えてしまう……。
  • 源氏物語 あさきゆめみし 完全版(6)
    完結
    栄華を極めた光源氏(ひかるげんじ)。幼い妻を得て、その人生が狂いはじめる。何人もの妻たちと暮らし、最高権力をも手中におさめた光源氏。それでもまだ理想の女性を探し続け、幼い姫宮を妻に迎え入れる。それは最愛の紫(むらさき)の上(うえ)を傷つけてまで、手にしたかった女性なのか……。
  • 源氏物語 あさきゆめみし 完全版(7)
    完結
    若き日に父を裏切った報(むく)いか――。新妻の不倫、そして懐妊。光源氏(ひかるげんじ)と女三(おんなさん)の宮(みや)の結婚は、形だけにすぎなかった。恋の喜びも知らぬままに過ごす女三の宮だったが、ひとりの青年と密通してしまう。しかしその不倫の代償は、若者たちにはあまりに大きいものだった……。
  • 源氏物語 あさきゆめみし 完全版(8)
    完結
    紫(むらさき)の上(うえ)との永遠の別離(わかれ)。最愛の妻は最期に幸せだったのか。晩年の光源氏(ひかるげんじ)は紫の上ひとりを愛し、静かに満たされた余生を過ごそうとする。しかし最愛の妻は、もはや彼の愛から解放されることを望んでいた。そして病床の末にこの世を去る。源氏ひとりを残して……。
  • 源氏物語 あさきゆめみし 完全版(9)
    完結
    源氏(げんじ)の子孫と宇治(うじ)の姉妹。四人の想いが交錯し、恋は波瀾(はらん)を呼ぶ。光源氏(ひかるげんじ)の子として生まれた薫(かおる)は、宇治で麗しい姉妹に出会った。姉の大君(おおいぎみ)に思いを寄せるが、妹の幸せを願う姉は自らを犠牲にして、妹を薫と結婚させようとする。しかし妹のもとには、薫の親友・匂(におう)の宮(みや)が忍んでいた……。
  • 源氏物語 あさきゆめみし 完全版(10)
    完結
    薫(かおる)に愛されながら匂(におう)の宮(みや)を慕ってしまう。彼は姉の夫なのに。薫と匂の宮を虜(とりこ)にした宇治(うじ)の姉妹には、もうひとりの妹・浮舟(うきふね)がいた。亡き恋人の代わりとして薫に愛される浮舟だったが、一度だけ会った匂の宮との、情熱的なひと時に心をかき乱されていた。彼女の心が激しく揺れる……。“大和源氏”完全版、完結巻! 書き下ろしエッセイ8ページも収録!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

源氏物語 あさきゆめみし 完全版 に関連する記事