空海曼陀羅

空海曼陀羅

作者名 :
通常価格 815円 (741円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本史上、最大の宗教家にして思想家である弘法大師空海に、9人の識者が様々な角度からアプローチ。
密教界のカリスマの壮大な宇宙を遊泳し、その奥義に迫るエキサイティングなアンソロジー。編著者は空海ラブな夢枕獏!

【目次】
松岡正剛「五大にみな響きあり」
菊池 寛「弘法大師」
藤巻一保「空海密教の思想」
吉田絃二郎「沙門空海」
清水義範「空 海」
荒俣 宏「空海の言霊狩り」
岡本光平「空海の飛白体」
ジョージ秋山「弘法大師空海」
夢枕 獏「ブッダの方舟(はじめに)」

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2016年10月28日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
22MB

空海曼陀羅 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年05月27日

    9人が描くそれぞれの空海。中でも松岡正剛、清水義範、荒俣宏が面白かった。松岡正剛がいうところの空海と丹生(水銀)について、『空海の夢』を読んでみたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング