冥暗堂偽妖怪語(めいあんどうにせようかいがたり)

冥暗堂偽妖怪語(めいあんどうにせようかいがたり)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

必要とする人しか辿り着けない質屋冥暗堂。そこは二番目に大切な物を質草に、創作された“贋作妖怪”を貸し出すあやかし質屋だった。心に傷を負った借り主とまがい物の妖怪の交流が涙を誘う、心に響くあやかし譚

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
富士見L文庫
電子版発売日
2016年10月15日
紙の本の発売
2016年10月
サイズ(目安)
1MB

冥暗堂偽妖怪語(めいあんどうにせようかいがたり) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年12月22日

    あぁ本当に続きありきで終わってしまってるのに、続編が出てないし、出る予定もわからないなんて!
    何もかもが中途半端で辛い!
    るいの正体が子泣き爺なのは、笑ってしまった。
    九尾の狐が出て来そうだったりで、もっと物語は面白くなりそうなのに!
    是非続編を!!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

富士見L文庫 の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング