暗殺姫のアドレッセンス1 ~狙いは黒の俺サマ王子~

暗殺姫のアドレッセンス1 ~狙いは黒の俺サマ王子~

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

初めての標的は、“黒”の王子・キリアン。レティシアは、まだ血に染まったことのない短剣を携え、城に忍び込み王子を狙う! ところが彼には、魔剣を操る強大な“魔力”が備わっていた!! ――「これで終わりではないだろう?」愉しそうに微笑を浮かべたキリアンが、彼女に止めを刺そうとした瞬間! その手を阻んだのは、レティシアを切り裂くべき魔剣だった!? 青年の姿となった魔剣は「姫君を殺しちゃダメなんです!」と、突然何を言い出すの!? 暗殺相手“黒”の王子と“暗殺姫”宿命の輪が動き出す!!   ※作品の表現や演出を考慮して、電子版は一部のページを加工、追加または削除しております※

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / ビーズログ文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
ビーズログ文庫
電子版発売日
2014年07月27日
サイズ(目安)
4MB

暗殺姫のアドレッセンス1 ~狙いは黒の俺サマ王子~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年08月20日

    イラストが好きなイラストレーターさんで、尚且つ作者さんも他の作品を読んだことがあったので、目をつけてたけど、なかなか良かった!

    自分の気持ちに素直になるか、それとも魔力のために諦めるか。
    キリアンが下す決断はどちらなのか、次巻以降に期待します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月29日

    暗殺しようとした相手のところに気に入られメイドっぽいことをする・・・というような内容で、暗殺姫っていうほどの経験値がない女の子が主人公なのがちょっと腑に落ちないところもありましたが、まぁまぁ楽しめました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年06月08日

    絵が好みだったのと、黒髪でオレ様王子様っていう設定に惹かれて購入。
    殺しにいった王子様に返り討ちにされたけど、段々お互いに惹かれていっているのが、にんまりしちゃいます。

    レティシアは忌み子として嫌われる王子の境遇に同情したというところから始まったのかもしれないですけど、キリアンの方は完全にレティシ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

暗殺姫のアドレッセンス のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 暗殺姫のアドレッセンス1 ~狙いは黒の俺サマ王子~
    初めての標的は、“黒”の王子・キリアン。レティシアは、まだ血に染まったことのない短剣を携え、城に忍び込み王子を狙う! ところが彼には、魔剣を操る強大な“魔力”が備わっていた!! ――「これで終わりではないだろう?」愉しそうに微笑を浮かべたキリアンが、彼女に止めを刺そうとした瞬間! その手を阻んだのは、レティシアを切り裂くべき魔剣だった!? 青年の姿となった魔剣は「姫君を殺しちゃダメなんで...
  • 暗殺姫のアドレッセンス2 ~陰謀は金のツンデレ殿下~
    殺すはずだった“黒”の王子キリアンを守ると決めた元暗殺者のレティシア。けれどその彼は、レティシアをできそこない呼ばわりした挙句、冷たく接するばかり。それでも時折触れてくる指先は優しく、レティシアの胸中は大混乱! そんななか、キリアンを憎む弟のユーシスが、突然城を訪れる。彼はキリアンに、レティシアを自分にくれないかと言い出し……!? ※作品の表現や演出を考慮して、電子版は一部のページ...
  • 暗殺姫のアドレッセンス3 ~誓いは白の目覚める姫君~
    “白”の姫にキスをしたら、“黒”の王子は魔力を失う――。その事実を知ったキリアンは、“白”の魔族の片鱗を見せ始めたレティシアへの気持ちを押し隠し、自らの手で彼女を守ることを決める。一方レティシアは、自分を育ててくれたレオンが突然姿を消したことが気になって仕方がない。キリアンの廃嫡を企む組織が怪しいと探りを入れるが……。“黒”と“白”が交わるとき、謎の真相が明らかに!?  ※作品の表現や演出を...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています