調香師レオナール・ヴェイユの香彩ノート

調香師レオナール・ヴェイユの香彩ノート

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

天才調香師レオナール・ヴェイユは、若くして世界的大ヒットとなる香水を開発した一流調香師。世界的なヒットを飛ばしたあと、依頼者だけのための香りを生み出すプライベート調香師となった謎多き彼に、主人公・月見里瑞希は依頼状を出すことになった。絵画や薔薇にまつわる謎を解き明かしながら、色を香りに変えていくレオナールの鮮やかな手さばきが心地よい、香りにまつわる物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
ポプラ社
掲載誌・レーベル
ポプラ文庫ピュアフル
ページ数
310ページ
電子版発売日
2017年12月29日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

調香師レオナール・ヴェイユの香彩ノート のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年05月12日

    25年間、悔やみ続けた過去。亡き父が母に送り続けた絵画や花。なかでも一番最後に送られた絵画「女神の庭」この謎が解明されたとき、世界にたった一つの香水がレオナールの手によって調香される訳だが、「あ、好きだ」と読み始めてすぐ感じ取った。
    話しの展開上、どうしても過去の部分は切なくなるが現在軸の瑞希とレオ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月11日

    なんて美しくて芳しい物語なんだろう。
    美しい絵を、香りを、景色を、人の想いを、五感で読む物語でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月02日

    美しい本に出会ってしまった。

    そんな印象です。

    調香師という職業が取り上げられる小説も珍しいため知識も広げられる一方、文章自体も非常に美しくストーリーも素敵。
    ロマンスもあるがストーリーに対して花を添える程度であり、ベタベタしたラブロマンスが苦手な人でも読める内容になってる。

    残念な点としては...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月17日

    香水に興味があったので、気軽に読めそうな、香水がテーマになっている小説をチョイス。
    絵画、色彩といった視覚や、味覚、もちろん嗅覚に訴えてくる描写にワクワクしました。安心して読めるストーリーもよかったです。
    人間の汚い部分や、リアルな生活感の描写は殆どないので、好みによってはそこを物足りなく思うかもし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています