山頂の憩い―『日本百名山』その後―

山頂の憩い―『日本百名山』その後―

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

日本は名山に事欠かない。日本の山は、森林あり、渓谷あり、高原あり、火山あり、褶曲山脈あり、秩父古成層あり、石灰岩あり―その千差万別の美しさと品格、古い歴史で、山好きの心を魅了する。名著『日本百名山』以降も山登りを続けた著者が選んだ、さらなる日本の名山二十余を収録する。脱稿からわずか三日後、忽然と茅ヶ岳で逝った著者の、最後の自選山岳紀行エッセイ集。 ※新潮文庫に掲載の写真・図版は、電子版には収録しておりません。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
シリーズ
日本百名山シリーズ
電子版発売日
2016年10月07日
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

山頂の憩い―『日本百名山』その後― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月22日

    「日本百名山」の魅力が深田久弥の名文にあることが良く分かる。百名山以外の山紀行。

    現在の山ブームの立役者の一人だろう深田久弥。百名山は賛否両論あろうが、山の魅力を登山経験の多寡に関わらず伝えた功績は大きいだろう。

    本書は百名山以降の山岳紀行の中から筆者が自選したエッセイ集。深田久弥は山の歴史、沿...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月14日

    読みやすく、それぞれの山の情景がイメージできる内容。ただし低山が多く、行きたいと思えるような場所はなかった。百名山を読んでいれば十分。

    このレビューは参考になりましたか?

山頂の憩い―『日本百名山』その後― の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています