日本百名山

日本百名山

作者名 :
通常価格 869円 (790円+税)
紙の本 [参考] 990円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

それぞれに旧い歴史をもち、文学に謳われ、独白の風格をそなえてそびえたつ日本の名峰百座。――著者は、長い年月をかけて、北は北海道の利尻岳から南は屋久島の宮ノ浦岳にいたるまで、それらすべての山頂を極めつくして、本書を綴った。日本人の生活に深く結ばれ、私たちの精神的風土の形成に大きな影響を与えてきた山々の個性を、短い文章のうちに、見事に際立たせた名著。 ※当電子版には文庫版収録の写真・絵地図は掲載しておりません。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
シリーズ
日本百名山シリーズ
電子版発売日
2016年07月29日
紙の本の発売
1978年11月
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

日本百名山 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    確かに名著。文章の気高さもさることながら、著者の山を愛し自然を慈しむ姿勢に感心する。お金持ちの道楽と考えられた時代のスポーツ登山。この本の大きな影響力は、現在、マイナスに作用しているように思える。しかし、それでもなおこの本の輝きは失われない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この本がなければ今の登山ブームもあったのかどうか、山をこよなく愛した小説家の、名著には違いない、
    当人はもちろん、没後にここまで功罪を問われるとは夢にも思っていなかったでしょう
    個人的には30年も前に読んで自分が登った事が有る山が紹介されていて感激した思いでが懐かしい。
    山に誘ってくれた恩人です

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    今年は穂高に登った。それで、更に山登り願望が沸々としてきて、この本を読んだ。
    すごい好きだ。今まで上ったことのある百名山は7程度。もっと行きたい、もっと山を登りたいし歩きたいし、自然を堪能したい。そう思った。山登りはすごいつかれるし、怪我もするし危険だけど、あんなに辛い思いしてでもまた行きたくなるん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月26日

    作者は百名山を選ぶにあたって、そのすべての山に登ったのはもちろん、数多の候補になりそうな山にも登っていたことに改めて驚いた。
    ここに選ばれなかった山にも素晴らしい山がたくさんあること、山が好きな読者にとってそれぞれの百名山があって良いことなど、フォローも丁寧にされている。

    作者のレポート?を読んで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月23日

    百名山の本
    まあ説明不要だろう

    深田久弥さんが書いた各名山の説明である。
    基本的にその山の歴史的背景とか名前の付け方の説明とかがメイン。

    やっぱいろんなやま昇人は結構天気悪い時に当たってるなあとなる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月07日

    深田さんの山への想いがつまっています。
    昔の人の登山の様子や名付けの由来、山の成り立ちなど山の知識が増えます。
    いつか百名山完登してみたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月14日

    山を愛した文人、深田久弥による山の短編集。登山をする者で日本百名山を知らぬ者は居ないとは思うが、登山をしない方にもぜひ読んでいただきたい一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月18日

    今更登録。各山の著者の思い出が語られている名著。
    山への思いを馳せるものであって、山行記録ではないです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月05日

    山の造形を愛で、表情を慈しみ、呼称や生い立ちを学び、山を楽しむ。4ページ乃至は6ページと簡潔ながらも豊かな文学表現が山々への深田氏の愛情を伝える。登山というと8,000米峰登攀の過酷で華やかな領域を想像しがちだが、トレッキング(よりは過酷だが)のように山の歴史や外景を味わい登山中も一々花々や風景を味...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月05日

     山が好きになる本。

     作者の山への愛が至る所から感じられる作品。
     単なる登山記でなく、一つ一つの山の持つ歴史や風情を、恋人を紹介するかの如く述べている。

     正直、この本を読むまで知らない山も多かったが、この本を読んで色々な山に興味を持った。
     富士山や至仏山、利尻富士など行ったことのある山や...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています