心が折れる職場

心が折れる職場

作者名 :
通常価格 935円 (850円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

飲み会なし、雑談なしは危険信号。なぜ、うちの職場には冷えきった空気が充満するのか。なぜ、あの部署では不調者が多発するのか。
上司が「アドバイス上手」、「頭のいい人」が周囲にそろっている、「ホウ・レン・ソウ」や論理的思考が重視される、個人に大きな責任が与えられる、無駄口をきかず効率優先……こんな職場こそ、実は心が折れやすい? パワハラや長時間労働だけが原因ではない。社員の心を蝕み、不調者を多発させる職場の実態について、数々の事例を知るプロのカウンセラーがひもとき、本当に働きやすい職場とは何かを考える。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年08月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

心が折れる職場 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月30日

    ★★★★★ ある職場を思い浮かべながら読む。「心が折れる職場」は、そのまま以前読んだ同著者の「心を折る上司」と重なる。そういう上司は、部下のことを本気で思ってやっていたりすることもあるので質が悪い(子育てでも同じことがありそうだ)。相手がどう感じているかという視点を欠いている。外向型上司と内向型部下...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月09日

    ■メンタル不調者が多い会社ほど「(ここ1~2か月の間に)「涙を流したことがある」という人の割合が少ない。
    ・論理的な業務遂行を求められる企業ほどその傾向が顕著
    ・「涙を流す=感情を表す=大人げない」という感覚が意識の底にある
    ■長時間労働の場合,不調になるかならないかを分けるのは「仕事そのものを楽し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月25日

    会社の読書会のテーマ本として購入。

    インパクトのあるタイトルで、なんとなく「ネガティブなブラック企業あるある」集かと思ったが、そんなこともなく。
    「こんな管理者の言動が、職場の人たちの心を折っている」というニュアンスの本だった。

    この手の本を読むと「あー、そりゃそうだろ。当然じゃん」と思ったりも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

    心が折れる職場とは必ずしもあからさまなパワハラや長時間残業が常態化している職場ではなく、むしろ有能な人達が理路整然と理屈で業務を指示するあまり部下各人の意志や感情に寄り添えてないことが問題となっている。
    自分が部下を指導しようと思う上で、また他人の指導を客観的に評価する上で心がけておきたい内容が多い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月01日

    本書を読んで反省も多かった。カウンセラーとして第一線でご活躍されている筆者だけに、メンタル不調者が多発する職場が帰納法的に経験則で解説され、私自身の感覚と現実が乖離しており大変勉強になった。ノルマや長時間労働が直接的にはメンタル不調へは関係ないことは感じていたが、主体性を重んじすぎたり論理的過ぎたり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月23日

    タイトルに惹かれて買いました。
    心が折れる職場で働いてます。
    メンタルヘルスについてもっと知識を深める必要があると思った。
    会社の上層部は皆収益向上策ばかり追求し、社員の心をないがしろにしている。人に興味がなさすぎる。人のやる気を高めることが、結局は彼らの追い求めている収益を向上させる鍵になるという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月11日

    帯の「飲み会なし雑談なしは危険信号」という文言に、どれだけ偏った主張が展開されているのだろうと思い、斜に構えて読んでみたが、なかなか参考になる本だった。結局、仕事を通じて承認欲求や自己実現欲求が満たされないと、仕事に興味が持てず、やらされ感だけになってしまうわけで、やらされている仕事を一定時間以上や...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月23日

    メンタルケアが必須となった昨今ですが、管理職はどこまでメンタルケアについて理解しているのか。年に一回の簡単な研修でわかったつもりになっている管理職が多いのでは?

    プロのカウンセラーの著者による、会社でのメンタルケアの実際。優秀な管理職ほど、部下の問題を解決しようとして、逆に部下を追い詰める等々、実...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月15日

    文字通り、問題を抱える職場と、それへの対象法を指南した一冊。

    この本は、新任管理職研修のテキストとして使用出来る良書だと思いました。
    もちろんベテラン管理職にも読んで欲しいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月12日

    結論から言うと、如何にコミュニケーションが取れるかだと思う。コミュニケーションの取り方も、仕事の問題点を指摘するのではなく、仕事の大変さを共感できることの方が重要かも。また、一緒に仕事をする等の相手とどれだけ同じ時間を共有できるかも大切だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています