死にかけ花嫁と革命の鐘

死にかけ花嫁と革命の鐘

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ブルグ帝国の暴君皇帝に政略結婚で迎えられた王女ヘルミナ。生まれつき身体が弱く、長く起きれば熱を出し、緊張が高じると血を吐いて倒れるという病弱っぷりで、世話係の侯爵カエサルは日々振り回されることに。だが、実は病弱を逆手に医学や政治の知識を蓄えていたヘルミナ。国民が皇帝に不満を持つのを見抜き、カエサルに革命の同志となるよう密約を申し出て…。激動のヒストリカルラブ!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2016年07月22日
紙の本の発売
2016年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

死にかけ花嫁と革命の鐘 のユーザーレビュー

    購入済み

    本当の死にかけ

    koa 2018年09月26日

    ここまで虚弱体質なヒロインは初めてでした。正に『死にかけ』です。

    身体は弱いけれど心は誰より強いヒロインとそれに相応しいヒーローで、最初から最後までハラハラしながらも楽しく読ませていただきました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月25日

    死にかけヒロインのごり押しがとにかくすごい。
    1冊でサラッと読める本が好きなので読みやすかった。
    ヒーローが終始かっこいいので満足。
    うっかり続編というか、その後の世界観の本から読んでしまったので、ラストの展開はほぼ予想できてしまったのが勿体なかったかな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    ホント死にかけ

    2020年03月12日

    いやホント、ここまで死にかけのヒロインは初めてかも知れない。
    読みながら『ああそんな事したら逝くから』とハラハラし、感動的なはずのラブシーンでも『いやそんな事したら召されるから』と違う意味でドキドキした。

    ていうか跡継ぎとかムリでしょ。死ぬわ。
    ヒーローに対して『おまえムチャ言うなや』って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    おもしろい!

    neko 2016年09月16日

    病弱ヒロイン強し!真面目なヒーローを翻弄しているところもまたいい(笑)戦闘力はゼロなのに、強いヒロインが魅力的!ストーリーも血なまぐさいシーンは比較的控えめだったけど、ちゃんと革命に奮闘しているところがよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

死にかけ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 死にかけ花嫁と革命の鐘
    ブルグ帝国の暴君皇帝に政略結婚で迎えられた王女ヘルミナ。生まれつき身体が弱く、長く起きれば熱を出し、緊張が高じると血を吐いて倒れるという病弱っぷりで、世話係の侯爵カエサルは日々振り回されることに。だが、実は病弱を逆手に医学や政治の知識を蓄えていたヘルミナ。国民が皇帝に不満を持つのを見抜き、カエサルに革命の同志となるよう密約を申し出て…。激動のヒストリカルラブ!
  • 死にかけ聖女と皇帝の帰還
    ブルグ帝国辺境の修道院で働く<紅の聖女>ルチア。奇跡を起こすと評判のルチアだが、実はその力は偽物。修道院存続のために奇跡を演出し、聖なる血と称して自分の血を絞り取るせいで常に貧血状態だった。そんな時、皇子クラウディオに拉致されてしまったルチア。彼から、病にふせる教皇の見舞いのためにルチアが必要だと頼まれ、2人は教皇国に乗り込むことに…!? 激動のヒストリカルラブ!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています