ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか

ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか

作者名 :
通常価格 869円 (790円+税)
紙の本 [参考] 968円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

夏休み2週間以上、有休消化率100%…なのに、仕事の成果=1人あたりの労働生産性は、日本の1.5倍! ヨーロッパの中でも、まじめな日本人の気質に近く、日本と同じ物づくり大国・貿易立国であるドイツの“効率のいい働き方”の秘密とは? ドイツ在住25年のジャーナリストによる、日本人ビジネスパーソン必読の一冊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
青春出版社
掲載誌・レーベル
青春新書インテリジェンス
ページ数
192ページ
電子版発売日
2016年06月10日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年09月05日

    ドイツ人は効率化の鬼。定時枠(その時間に会社にいさえすればよい)にこだわりすぎて、だらだらしていようが、業務が非効率的だろうが、それによって残業しようがお構いなしの日本人ビジネスパーソンのなんと多いことか。ミスをしないように注意しながら紙の書類に手書きし、間違っていたら訂正を求められるという昔ながら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月04日


    ドイツ人は日本人よりもかなり多くの休暇を取っていながら、GDPは日本を上回っている。働けば働くほど国が豊かになるという考えは正しくはない。

    長期休暇を取り身も心もスッキリさせることで、仕事に復帰した後も効率良く仕事を行うことが出来る。

    ドイツでは残業をする程熱心に仕事をしている姿よりも、時間内...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月04日

    ドイツ人の生産性が高いのかを、様々な観点でまとめている。無駄が嫌いな国民性と、個人主義的な思想、それをベースとした法律、制度。「アゲンダ2010」「インダストリ4.0」にまで話題は及ぶなど、非常に広範囲なうえ、コンパクトで読みやすい
    こういった予備知識を踏まえたうえで、インダストリ4.0を読み返すと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月03日

    ドイツが生産性の高いのは政治の努力。労働時間の制約が厳しいのも政治。一般的的に社蓄と言われる部類が少ないのは個人主義の国民性。どうしたら追いつけるか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月27日

    世界最大の休暇大国と言われるドイツでの働き方の仕組みがよく理解できた。
    ドイツでの休みの多さは、労働時間法という厳格な法律によって保たれていることが分かった。
    また、長時間労働がメディアで報じられると企業イメージ的に悪い影響を与えること、残業が多い課の管理職は評価を落とし、短い労働時間で成果を上げる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月13日

    ドイツ人の凄さがわかる本


    年間30日(実際には40日)の有給休暇を完全消化し、1日10時間以上は働かない。
    でも国民一人当たりのGDPは日本より高い。

    そしてそれを可能にしている 強烈な個人主義と最低限の秩序を守るため法律遵守を重んじる性格。

    社会的市場経済に基づいて手厚い社会保障制度。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月03日

    日本も もうちょっと考えないと いかんと ひしひしと感じる・・・。日本に 日本の会社に 期待してはいけないのではないかと思うよorz

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月01日

    ドイツは文房具の規格化が世界で一番進んだ国。
    ドイツ人は行方不明の書類を見つけるために時間を無断するのを嫌う
    ドイツ語のごちゃごちゃという意味のchaosは劣悪という意味が含まれている
    ドイツには監査役会という労働者や株主の代表が取締役会を監査するための組織がある
    ドイツの勤労者は様々な法律や社会保...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月25日

    担当範囲が広がり、業務レベルがますます高度化するなかで、まさか勤務時間が短くなるはずもなく、恒常的に長時間残業をする働き方をなんとかしたいと考えている。
    そのためには生産性の向上が欠かせない。業務レベルを落とすことのない本当の意味での残業ゼロを目指すにあたり非常に勇気をもたせてくれる一冊である。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月22日

    ドイツがいいとか悪いとかではなく,ドイツの社会人は,1年に150日休んでいる。
    それでも仕事(社会)が回っていて,生産性は日本よりも高い。
    その理由を説明した本。

    ドイツ方式を単純に日本に導入するのは難しいと思いますが,
    「短時間で成果を出す」ための努力は見習いたいものです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

青春新書インテリジェンス の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング