王様と幸福の青い鳥【イラスト入り】

王様と幸福の青い鳥【イラスト入り】

作者名 :
通常価格 722円 (657円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※BookLive!Reader Lideoでご覧になる際には、PCやスマートフォンのカラー液晶と表示イメージが異なる場合があります。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

イスリル国の神子選定の場で、偽物と発覚し処刑されそうになったところを王に助けられたイリリアは、何故かそのまま王の伴侶の神子に選ばれる。イリリアは悲惨な状況から救ってくれた命の恩人だと王を無邪気に慕うが、敵が多く人を信じない王は、イリリアを利用できる駒としか考えていなかった。けれど、それでも役に立てるならと王を想い続けるイリリアの健気な姿に、次第に王も心を開くようになっていく。ところがある日、イリリアは、国で異端とされる呪術で王を誑かしたという疑いをかけられ!?

カテゴリ
BL
ジャンル
BL小説
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
花丸
電子版発売日
2016年06月10日
紙の本の発売
2015年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

王様と幸福の青い鳥【イラスト入り】 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年01月30日

    王道健気受。大変六青センセらしいストーリーで、架空のイスリル国を舞台にした時代物ファンタジーの世界観にどっぷり浸かることができました。

    セレブ俺様攻×健気なアホの子受。
    かわいそうだけどどこか抜けててかわいらしい子が、愛のためにせいいっぱい前向きにがんばる姿は好物です。
    そして、そんな愛らしい思い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月24日

    六青先生の安定パターンの可哀想受なお話です。
    その中でも攻が何気に酷い場合と、いい人の場合があると思いますが、こちらはあらすじにもある通り、自覚的に冷酷なので、ほだされる過程も納得して読めました(過去作には、いい人っぽい攻が無自覚に酷く、少し後味が悪いものがあったので)
    ラストが駆け足気味でいちゃい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月16日

    自分を救ってくれた王様に懐くイリリアがとにかく可愛い。そのイリリアですら信じることが出来ない王様は寂しい人だと感じた。イリリアと一緒にいることで少しずつ変わっていくけれど、中々信じきることが出来ないのだから...。
    イリリアが可愛いと言ったけれど、「強さ」もあると思う。どんなときでも何が自分にとって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月24日

    最近六青さん祭りになってます。ファンタジーで受がめっちゃ不憫受がめちゃめちゃ好みです。だいたい作品に動物がキーポイントになっているところもツボ。最後の最後まで命を懸けて王様を思うイリリアに泣きそうになります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月14日

    最後泣けたー!!最初のアホの子ぶりには呆れてしまったけど、後半は健気な子になって、泣けてきて、幸せになってよかった!!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    勇ましい

    みずたまーち 2020年08月27日

    不憫&健気受けが大好物なので、
    とても面白かったです
    欲を言うなら
    イリシアの出生をもう少し丁寧に書いてもらいたかったかな
    ☆4.5です

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    悲惨な過去は、

    s1i1o1r1i1 2020年08月23日

    悲惨な過去は、もう忘れて大事な王様とこれからずっと末永く幸せになれたらいいと思います。なんの見返りもない絶絶した愛がとても良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    泣けました

    くるみ 2020年08月24日

    イリリアの不幸な過去が壮絶で、それでも素直で健気で献身的な姿に胸が痛くなりました。何があっても王様を思う姿に泣きました…。思い合っているふたりがなかなか噛み合わないのがもどかしかったですが、最後はハッピーエンドでよかったです。もう少しその後の甘いふたりが見たかったですが、全体的にとてもよかったです。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年09月18日

    六青先生らしい作風の、甘くて切ないところの良いとこ採りでした。受けの重い過去もさらっと流してかなり読みやすくしてます。権力者の攻めと利用される健気受け…やっぱり六青先生のこの王道が好き~!酷い攻めが後悔するザマは相変わらず快感です(笑)
    今回も鳥さんが良い仕事してますねー。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています