ぼくの血となり肉となった五〇〇冊 そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊

ぼくの血となり肉となった五〇〇冊 そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊

作者名 :
通常価格 1,500円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

1万人が選んだ、名作漫画ベスト100ランキング!

作品内容

「知の巨人」立花隆を形成した本とは? 広大な領域に取り組んできた仕事の歴史と重ねあわせて、その読書遍歴を語る。

第1部 : 東大仏文科を卒業後、文藝春秋に入社して週刊文春で活躍するが、二年半で退社。東大哲学科に学士入学するも、学園紛争のため授業がないので中退。文筆活動を始めるも、それを捨てて新宿でバーを経営したり、中近東やヨーロッパを放浪した二十代後半から三十代前半。「その年代に私はいちばん真剣にいちばん多くの本を読み、本格的な人格形成を行ったと思う」。角栄研究以前の「青春漂流」時代に、どんな書物と出会い、どのような影響を受けたのか。
 また、それ以外の時期に出合った本とは。文字通り、万巻の書が収められている仕事場「ネコビル」や、そこにも収め切れなかった書庫を歩きながら、思い出を語った。

第2部 : 週刊文春の長期連載「私の読書日記」(2001.3.15号~2006.11.2号)。「わたしはおおむね、真面目な本を読んでいるが、実は下らない本を読むのも好き」という著者の目に留まった本とは。時代を超えて今なお読みたい本が見つかる読書ガイド。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
544ページ
電子版発売日
2016年05月20日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2013年07月26日

立花隆さんはテレビでしか見たことがなく、書かれた本を読んだのは本書が初めてだった。

本書の前半部では、自身の青年期の読書遍歴を坦懐に語った、そのままを本にしてあり、非常に好奇心が刺激された。

立花さんの哲学観(哲学の歴史のとらえ方)はすっきりしていて良いと思った。

後半部は興味のある項目だけを...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月14日

立花隆の駆け出し時代の読書と最近の書評集。それにしても『僕はこんな本をよんできた』ではまだ余裕があったネコビルがもう本で満杯になってしまったとは。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年09月21日

 知の巨人、立花隆の読書録。
 自分の書庫ビル(!)を回りながら若い頃の本を紹介する前半と、雑誌連載をまとめた最近の本を紹介する後半からなる。

 立花隆は本当にすごい。彼自身の本も面白いが、多岐に渡るジャンルの本をすごい量読んでいる。
 非常に厚い本だが、パラパラと読み進め、気になる所をじっくり読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月31日

前半の「メイキング・オブ立花隆」は、氏の経歴や読書歴が十二分に伝わってくる充実した内容だった。
後半の読書日記は読みごたえのある本ばかりが紹介されており、本の内容もわかりやすく役に立つ。

* いいものを書くためには、IO比を100対1くらいに保つ必要がある
* 人は誰でも世に知られ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2007年05月05日

 立花さんが、入社してから現在までに読んだ本を大量に紹介している本。しかも凄く読みやすい。この中に自分が読みたい本が必ず見つかるはず。
 ノンフィクションしか読まないという著者。私も殆どがノンフィクション中心なので、その点は共通している。しかし違う点は、私は千円台の本に対して、本書で紹介している本...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play