がんになって、止めたこと、やったこと

がんになって、止めたこと、やったこと

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

NHK番組に「死を前にして人は何を思うのだろう?」をテーマに出演した著者・野中秀訓氏。2014年6月 ガン発覚。
46歳、サラリーマンを辞めて独立後9年。
紆余曲折を経て、会社も軌道に乗り始め、事務所を移転した矢先に突然の腹痛・・大腸がん、さらには肝臓、ウィルヒョーリンパ節、大動脈リンパ節転移も見つかり「ステージ4」と告知され余命12か月宣告を受ける。「自分でがんになった責任は自分で取らなければならない」。
それからわずか328日で劇的に「寛解」したがん生還者(サバイバー)が実践したのは、遺伝子のスイッチを切り替えるための生活習慣の根本的な改善、すなわち超シンプルな「7つの習慣」だった。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 健康・医療
出版社
主婦の友社
ページ数
288ページ
電子版発売日
2016年05月20日
紙の本の発売
2016年05月
サイズ(目安)
2MB

がんになって、止めたこと、やったこと のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月13日

    癌は生活習慣病だから日頃のマインドや食生活を見直すということが書かれていました。
    これは癌ではない人も、健康的に生きるために必要なことだと思います。

    癌を患っている方でだけでなく、周りのご家族も本書を読んだ上で一緒に協力していく姿勢も大事です。

    余生をどう生きていくか考えさせられました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月23日

    本の内容は帯の通りです。
    野中さんが実際グレード4と宣告されてから、「なぜがんになったのか」を考え、それを改善し、代替治療で寛解させた7つの習慣を教えてくれる。藁にもすがりたいのはがんサバイバーとして当たり前だが、放射線治療の副作用で一番辛い時に読んだため、ここまでしないと死んでしまうと悲しくなり、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています