鎌倉おやつ処の死に神
  • 値引き

鎌倉おやつ処の死に神

作者名 :
値引き価格 330円 (300円+税) 6月28日まで
通常価格 660円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

鎌倉には死に神がいる。命を奪い、それを他人に施すことができる死に神が。「私は死んでもいいんです。だから私の寿命を母に与えて」命を賭してでも叶えたい悲痛な願いに寄り添うことを選んだ、哀しい死に神の物語

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
富士見L文庫
電子版発売日
2016年01月15日
紙の本の発売
2016年01月
サイズ(目安)
1MB

鎌倉おやつ処の死に神 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月23日

    口に入れて驚くほど美味しいアイス、食べてみたい。美味しい食べ物が出てくるお話を読むと、それを食べられないことがものすごくもどかしくなる。物語の設定や主人公の葛藤などいろいろ楽しめたが、主人公の名前には最後まで馴染めなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月02日

    妹が経営するおやつ処でお手伝いをしている兄は
    本業・売れない小説家。
    もう一人店を手伝っている、強面の男の正体は…。

    お菓子、死神、延命。
    ものすごく、すべてがあると違和感がありますが
    隠れ蓑的にはよろしいのかも知れません。
    その仕事の大変さと、通常の仕事の大変さと
    精神的に辛いのは、友人2名、か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

鎌倉おやつ処の死に神 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 鎌倉おやつ処の死に神
    値引き
    330円(税込)
    鎌倉には死に神がいる。命を奪い、それを他人に施すことができる死に神が。「私は死んでもいいんです。だから私の寿命を母に与えて」命を賭してでも叶えたい悲痛な願いに寄り添うことを選んだ、哀しい死に神の物語
  • 鎌倉おやつ処の死に神 2
    値引き
    鎌倉の片隅に佇む「おやつ処みなと」の正月。売れない小説家の柚琉はアイス作りの達人・犀川さんや妹、幼馴染みとともにカルタに興じていた。だが、そんな平穏な日々に16年前に失踪した父の影がちらつきはじめ――
  • 鎌倉おやつ処の死に神 3
    値引き
    妹・和花の誕生日の翌日は母の命日。母の墓前に手向けられた花を見つけた柚琉の脳裏に失踪した父の姿が過ぎる。そんな中、犀川さんに異変が起こり、命に特別な事情を抱えた和花が倒れた。優しい死に神、感動の最終章

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

富士見L文庫 の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング