二宮繁盛記
  • 値引き

二宮繁盛記

作者名 :
値引き価格 539円 (490円+税) 8月13日まで
通常価格 770円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

現役もご隠居もゆで玉子肴にビールを一本。

看板なし、愛想なし、メニューは卵料理のみ。
そんな立ち飲み屋で生まれるいいオトナたちのお節介と事件!?

新宿の片隅にある立ち飲み屋「二宮」。昭和の家屋を改築した店舗で酒以外に注文できるのはなぜか卵料理のみ。店主は無愛想でも居心地がいいらしいその店に、今日も早い時間から近所のオヤジたちが集いはじめるが、中には厄介事を抱え込んでくるお客もいるようで…? 団地住まいの大金持ち、未だ二宮を上司と慕う後輩、そして謎の家出少女…深い事情がありすぎる人々の陳情に、本日は無事開店となるや否や!?

ma2・装画

ジャンル
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
二見サラ文庫
ページ数
280ページ
電子版発売日
2018年09月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

二宮繁盛記 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月31日

    二宮のような、渋くて、影(訳ありの過去)があって、私生活だらしなくて、でも面倒見はよくて、しかも立ち飲み屋店主って…かっこよくないわけがない!好き!好きに決まっている!!

    周囲の人物もそれぞれキャラクターが立ってて魅力的。二宮と同じように、どちらかというと淡々とした文章の温度感も私は好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

二宮繁盛記 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 二宮繁盛記
    値引き
    539円(税込)
    現役もご隠居もゆで玉子肴にビールを一本。 看板なし、愛想なし、メニューは卵料理のみ。 そんな立ち飲み屋で生まれるいいオトナたちのお節介と事件!? 新宿の片隅にある立ち飲み屋「二宮」。昭和の家屋を改築した店舗で酒以外に注文できるのはなぜか卵料理のみ。店主は無愛想でも居心地がいいらしいその店に、今日も早い時間から近所のオヤジたちが集いはじめるが、中には厄介事を抱え込んでくるお客もい...
  • 二宮繁盛記2
    値引き
    539円(税込)
    俺はただの飲み屋の親父だ。 元刑事の立ち飲み屋の主人と、謎の家出少女、多彩な登場人物が織り成すハードボイルドコメディ 新・卵メニュー有 転がり込んできたちひろとの同居が始まるも、朝倉の妻・遙香に高校入学準備を整えてもらうほど保護者役はイマイチな二宮。そんなぎこちない暮らしにも形のようなものができ始めた矢先、常連客である「教授」の周辺に不穏な影が…。一方、二宮が元捜査一課の刑事...
  • 二宮繁盛記3
    770円(税込)
    あの子はニノちゃんが「大事に」思ってる相手の娘なんだろう? たった一日の臨時休業日。毎年、二宮が礼服で向かう先は――。 辞職のきっかけになった事件から三年。立ち飲み屋を営む二宮は高校生となったちひろと同居を続けているが、何にでも首を突っ込みたがるちひろを厳しくはねつけて以来、気まずい空気が漂っている。それでもいつもの面倒事に巻き込まれているうち季節は過ぎ、年にたった一日の臨時...
  • 二宮繁盛記4
    770円(税込)
    これまでの長い年月を取り戻すことはできないけれど、 いつかよかったと思える日が来る―― すべての真相が明らかに。 中岡仮出所の知らせを受け、行き先を探す二宮。小野塚の助力を得て向かった先で十四年ぶりの再会を果たした、かつての同僚で教場の親友だった男――中岡はなぜ、冤罪を受け入れ、なぜ頑なに面会を拒否し続けたのか。過去の事件を繙くうちに「もう一つの事件」の存在が浮かび上がり…。立ち飲...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています