天馬の歌 松下幸之助

天馬の歌 松下幸之助

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

紀州和歌山の泣き虫の少年は、大阪に奉公に出された。火鉢屋、自転車屋での辛いながらも愉快な丁稚時代を経るうち、彼は電気の時代の到来を看破。電気工の見習いへと転身。やがて、工夫を重ね、新型ソケットを開発して独立する。明治、大正の大阪船場の賑やかな空気、昭和の動乱の産業界の激しい浮沈を背景に「経営の神様」松下幸之助の波瀾万丈、創意工夫の足跡を颯爽と描く快作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / 人物評伝
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2016年06月24日
サイズ(目安)
2MB

天馬の歌 松下幸之助 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年11月19日

    経営の神様、松下幸之助の半生を綴った伝記です。
    様々な困難に直面しながらも、「やるか!」と陽気な関西弁で前に進もうとする姿勢には感銘を受けました。

    「不況こそ、絶好の商機(チャンス)!」

    今の世にあって、不況もチャンスと見るの考え方には学ぶものが多い気がします。
    簡単で読みやすく、お勧めの一冊で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月02日

    松下幸之助さんの自伝的な本を読んだのはコレが初めてなのですが、子供時代、企業したばかりの失敗談がわりと詳しく書かれているんじゃないでしょうか?eneloopのパッケージが変わってPanasonicを強調したデザインが採用されましたが、Nationalも松下もなんか今となってはどこかに行ってしまった気...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング