科学者は戦争で何をしたか
  • ptバック

科学者は戦争で何をしたか

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

176pt

  • 25%ポイントバック

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ノーベル賞科学者・益川敏英が、自身の戦争体験とその後の反戦活動を振り返りながら、科学者が過去の戦争で果たした役割を詳細に分析する。科学の進歩は何の批判もなく歓迎されてきたが、本来、科学は「中性」であり、使う人間によって平和利用も軍事利用も可能となる。そのことを科学者はもちろん市民も認識しなければならないと説く。解釈改憲で「戦争する国」へと突き進む政治状況に危機感を抱く著者が、科学者ならではの本質を見抜く洞察力と、人類の歴史を踏まえた長期的視野で、世界から戦争をなくすための方策を提言する。【目次】はじめに/第一章 諸刃の科学―-「ノーベル賞技術」は世界を破滅させるか?/第二章 戦時中、科学者は何をしたか?/第三章 「選択と集中」に翻弄される現代の科学/第四章 軍事研究の現在――日本でも進む軍学協同/第五章 暴走する政治と「歯止め」の消滅/第六章 「原子力」はあらゆる問題の縮図/第七章 地球上から戦争をなくすには/あとがき

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
192ページ
電子版発売日
2015年10月16日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

科学者は戦争で何をしたか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年11月10日

    科学者「益川敏英」さんのことを深く知ることができる1冊。
    師匠である坂田昌一さんの影響が大きいことがほんとよく伝わってきた。

    「科学者である前に人間たれ」
    「科学者には現象の背後に潜む本質を見抜く英知がなければならない」

    科学者の部分は教員と置き換えることもできる。
    問題の本質を理解していない、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月16日

    GW課題図書その3。

    科学の戦争への寄与に関する話。
    言っていることには概ね同意で、戦争は悲惨なものであり、科学は戦争に転用されるのは良くないことであり。
    更に言えば、科学者はそのリスクについてある程度敏感でないといけないのかもしれないけど。

    引き続き考えていかなければいけないテーマではある。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月21日

    「自分の研究が社会でどんな役割を持つのか、悪用されるとすればどんな可能性が考えられるか、科学者ならばまずそのことを深く考えなければならない。」

    この一文に益川氏の考えが凝縮されているように思う。

    そして私たちはこの言葉を「科学者」というどこか特権的な人々へのメッセージだと受け止めてはならないのだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月03日

    科学者だけでなく、全ての人に読んで欲しい。年齢に関係なく。しかし、若い人に読んで貰えれば嬉しいですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月18日

    著者の益川敏英は2008年にノーベル物理学賞に輝いた理論物理学者だ。益川は米軍機による大空襲の中を逃げまどった体験があり、ノーベル賞記念講演でも自らの戦争体験に触れるなど積極的な反戦平和活動を行ってきた。現在の安倍政権が日本を「戦争のできる国」に導こうとしていることに強い危機感を抱いた著者が、科学者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月14日

    2006年のノーベル物理学賞受賞者である益川敏英・名古屋大学名誉教授がしたためた、警世の書である。
    科学技術は人類の生活を大幅に向上させたが、それは同時に兵器の発達を促したことは、皆様もご存じだと思う。「世紀の発見・発明」といわれるものが、時代が下るにつれて平気に使われるようになった事例は、枚挙にい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月08日

    ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英教授の著書。
    益川さんと言えば、ノーベル賞受賞時のユニークなキャラクターの印象しかなかったが、このような本も書かれていたことを初めて知った。

    本書のテーマは「科学と社会の関係」だ。現代科学の世界は商業化が進んでいて、純粋な学問ではなくなってきていること、自分の専門...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    安倍首相よりも日本会議と日本会議国会議員懇談会が強力な力を持ってる限り憲法改正も問題は終わらないと思うし、益々勢いが増してきている。

    それに関して益川教授がユニークな提案をしている。
    「早いとことノーベル委員会が、憲法九条にノーベル平和賞をあげて、それを安倍首相に受け取らせる。。。憲法九条のノーベ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月06日

    ノーベル賞を受賞したとき「たいして嬉しくない」と言った益川博士だが、受賞して本当に良かったと思う。
     理論物理学は一般人にはよくわからない人が多いから、たとえ学会で認められていても、ノーベル賞がなかったらこういう本は出せなかっただろう。世界が認める一流の科学者だからこそ、政府やマスコミなど気にするこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月31日

    益川さんの先生である坂田昌一先生の、科学者である前に人間として、という言葉が深い。
    今まで戦争については歴史家の人たちの本ばかりだったが、科学者の立場から戦争を考える本を読むことができて、第一次世界大戦における毒ガスの開発についてなど、その苦悩や葛藤や使命感に、はっとさせられることも多かった。自分の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング