「大発見」の思考法 iPS細胞 vs. 素粒子

「大発見」の思考法 iPS細胞 vs. 素粒子

作者名 :
通常価格 913円 (830円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2012年ノーベル医学生理学賞受賞の山中伸弥教授と、2008年ノーベル物理学賞受賞の、益川敏英教授の対談集。トップクォークの存在を予言した物理学者と、世紀の偉業と言われるiPS細胞の生みの親。日本最高の頭脳が全てを語り合った! 大発見はどうやって生まれるか? 生命の神秘はどこまで解明できるのか? やっぱり一番でなきゃだめ。神はいるのか? 考えるとは感動することだ! 意外な素顔や挫折体験など知的刺激の詰まった1冊。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
203ページ
電子版発売日
2012年11月02日
紙の本の発売
2011年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

「大発見」の思考法 iPS細胞 vs. 素粒子 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年12月20日

    タイトルがハウツー本的というか、「何か学んでやろう」という姿勢ありありで嫌だったけど、内容はやはり面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月24日

    ノーベル賞の益川先生とiPS細胞で有名な山中先生の対談をまとめた一冊。

    iPS細胞についての簡単な説明やクォークや反物質の話などの基本的な話から入るので読みやすいし興味を持って読み始めることができた。そこからは二人の仕事への取り組み方と考え方について。

    益川先生は変わり者の印象を受けたけど極めて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月28日

    ノーベル賞を受賞した2人の科学者の対談。2人の学問に取り組む姿勢や思考法はどんな分野で仕事をする人にも役立つはず。日本の科学立国への道に潜む課題についてもお二人の意見は基本的に合致していて印象的だった。

    益川さんの師匠、名古屋大学の坂田先生の言葉、「最良の組織と最高の哲学があれば、凡人でもいい仕事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月02日

    理系の話なのに読みやすく、ノーベル賞受賞のお二人の人柄がステキだった。
    数学ができるということに欠かせないのは国語力とのこと。なるほどと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月22日

    科学者にとって、「神」の英語訳は「ゴッド」じゃなくて、「ネイチャー」なんですね。
    今私たちはことあるごとに「独創的な研究をしろ」ということを言われます。(中略)でもはっきり言ってですね、私はそんな独創的なことなんか、ぜんぜん思いつかないんです。(中略)
    実際に実験をやってみて思うのは、自然の方がはる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月27日

    情報が溢れたこの時代に「大発見」を齎した二人の日本人の対談記。タイトルに負けない内容で、彼らの共通項/相違点から、物事を深く考察する際の考え方が学べる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月07日

    ノーベル賞をとったお二人による、ノーベル賞にたどり着いた日々のすごし方、生い立ちなどから紐解く考え方の原点など、対談をベースにお二人の思考法を紹介している。
    学問・研究に従事される方だけでなく、広く、一般企業で働く方々にも役に立つ考え方が多く、子育てのための参考書にもなる。
    非常に面白かった。
    仕事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    個性的な二人の大科学者の対話で非常に良かった。ノーベル賞を受賞したご二方ともにいわゆるがり勉の優等生型でないところが興味深い。

    益川先生が問題に集中するとき、大学まで3時間くらい歩いて問題を考えるというのが興味深かった。細かい計算をするときは机に向かうが構想を立てたりは歩く時のが集中できるとのこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月24日

    人間らしいエピソードが印象的
    発見秘話とか子供の頃のこと
    山中先生は特に
    定まってない頃を聞くと勇気をもらえる
    益川先生は、やっぱり特殊で天才的かも(^_^)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月14日

    ノーベル物理学者の益川教授とiPS細胞発見者の山中教授の対談をまとめたもの。日本を代表する学者の考え方が分かる面白い本であった。両者ともユニークな性格の変わり者で、変わった経歴を持っていることがわかった。印象的なフレーズを記す。
    「染色体の端っこには「テロメア」と呼ばれるしっぽのような部分があって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています