日本は世界一の「医療被曝」大国

日本は世界一の「医療被曝」大国

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本は一定人口当たりの放射線検査件数が他国に比べても突出して多い。実際に、放射線検査の代表格であるCTの人口100万人当たりの設置台数は圧倒的に世界一であり、イギリスの調査によれば、エックス線検査による発がんリスクの推定値も世界一と言われている。健康な人が、病気を早期発見するために受ける医療行為によって、かえって発がんリスクを高めているという皮肉な事実――。しかも医療被曝には、原発作業員のような年間の被曝線量限度は設けられておらず、被曝線量は青天井となっている。これまで「がん治療」に警告を発してきた著者が、専門である放射線科の知識を駆使し、医療被曝の闇を暴く!【目次】はじめに/第一章 世界一の医療被曝大国、日本/第二章 低線量被曝の危険性/第三章 大人より深刻な子どもの被曝/第四章 放射線検査の種類/第五章 自分の被曝線量を知るには/第六章 無用な被曝を避けるために/第七章 日本で医療被曝が横行する理由/第八章 医療被曝の今後/おわりに/【資料】小児CTガイドライン―被ばく低減のために―

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 医学
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2015年09月25日
紙の本の発売
2015年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

日本は世界一の「医療被曝」大国 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年02月05日

    検査による被爆について正しく怖がるのが重要だと感じました。

    被爆を怖がり必要な検査を受けないのでは本末転倒なので、
    例えば、歯科用のレントゲンであれば被曝量は僅かであるので気にしないですとか、
    バリウム検査は被曝量が多いため、検査を受けない、もしくは胃カメラにするとか、
    そのような判断を自分できる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング