わるじい秘剣帖 : 6 おったまげ

わるじい秘剣帖 : 6 おったまげ

作者名 :
通常価格 496円 (税込)
紙の本 [参考] 619円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

越後屋に数々の嫌がらせをしてきた悪党の名が、ついに明らかになった。愛坂桃太郎は、その人物の意外な正体、そして目的に驚くが、何とか一連の事件にケリをつけることに成功する。しかし、ホッとしたのも束の間、今度は桃子の母親の芸者・珠子の身に危難が訪れる。母子の命を守るため、桃太郎は老骨に鞭打って街を駆け回るが、さらなる怪事件が桃太郎を襲う。大人気シリーズ第六弾!

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2017年01月17日
紙の本の発売
2016年12月
コンテンツ形式
EPUB
購入済み

読み始めたばかり

jun1288genta1210 2017年04月05日

読み始めたばかりだけど面白い。わるじいの強さと孫の可愛がりように共感を覚える。
急いで読もうと思います。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月14日

初の女の孫桃子、その母親は珠子と言うきっぷのいい芸者だ。その珠子を狙うのは佐野屋と大名格にも等しい松平玄蕃、岡崎玄蕃と言う旗本。

越後屋に悪さをしてるのが労咳を患い余命いくばくもない元見習い和吉だった。だが死ぬ前に大店の弊害も文に認め、上申書を残したのだった。

それにつけても、次々と悪が。
昔桃...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月13日

第六弾
越後屋への嫌がらせの完結編?、天才的な小僧の策、余命が残り少なくなり最後のあだ花?
そして次には珠子に佐野屋が、辻斬りの疑いのある松平と勝負にならない張り合い?

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「わるじい秘剣帖」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play