書店猫ハムレットの跳躍

書店猫ハムレットの跳躍

作者名 :
通常価格 1,222円 (1,111円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ニューヨーク、ブルックリンの書店を大叔母から相続した、三十代半ばのダーラ。その書店にはマスコットの黒猫ハムレットがいた。かごにかわいらしく丸まり、ゴロゴロと喉を鳴らして客を迎える――ことは決してなく、堂々と書棚を徘徊し、緑色の目で冷たく客を睥睨する黒猫が。ハムレットが気に入る従業員を確保できてほっとしたものの、ダーラはある工事現場で書店の常連客の死体を発見してしまう。その脇には動物の足跡。最近夜に外を出歩いているらしいハムレットのもの?! 黒猫ハムレットが必殺技で犯人を告げる! コージー・ミステリ第1弾。

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
394ページ
電子版発売日
2015年09月04日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

    Posted by ブクログ 2016年06月24日

    本屋が舞台のコージー・ミステリの新シリーズ、翻訳1冊目。
    ただし、原作では2冊目?

    ダーラ・ベティストーンは大叔母から本屋を相続した。
    黒い猫付きで。
    大きな黒猫のハムレットは神出鬼没、頭が良くて気難しく、新しい店員を選ぶのにはっきり主張するほど。

    ダーラは、30代後半かな?
    バツイチで普通に仕...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月13日

    ブルックリンの書店(黒猫ハムレット付き)を相続したダーラと書店員&ご近所さんを巻き込んでのミステリー小説。
    ハムレットが示すヒントを頼りに解決していく。
    久しぶりに一気に読むほど面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月08日

    最近ワールドカップに夢中で本読めてなかったので、姪っ子が帰ってから久しぶりに本を読むためにカフェに行ってきました。しばらく読書から離れてると、環境変えて読みたくなるこの感じ、何なんですかね…。

    さて、本作。
    書店に、猫に、ミステリー。
    私のツボを遺憾なく押さえてきた作品であります。
    装丁の絵も可愛...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月25日

    限りなく★2に近い★3…

    こないだまで読んでいた刑事ジャックフロストシリーズなら30頁位で終わりそうな驚きの薄い内容と云うか…。
    犯人が最初から何となく判ってしまう(笑)
    けれども、細々した描写が多く、この頁数なのかな。
    その細々とした描写内容を頭の中で描けたらそこそこ楽しめる1冊。
    太々しさ溢れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月08日

    ブルックリンの本屋を叔母からの遺産として引き継いだダーラ。本屋の飼い猫ハムレットは名推理猫で、事件のヒントとなる本を書架からさりげなく落とす。
    ダーラの本屋の近くの工事現場で、なじみ客の死体を発見してしまうダーラ。どうもそこにハムレットのものと思われる足あとがあった。さて犯人は??

    まあまあでしょ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月10日

    舞台は本屋、そして黒猫が導く推理。
    と来たら読まずにはいられない。

    中盤、だれてしまってなかなか読み進められなかったけど、
    最後の対決シーンハムレットハラハラドキドキ。
    ちょっと涙してしまったのは、やはり猫好きだからかな。

    犯人も最初に目星がついてしまっていたし、やっぱりねって感じだったのだけど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月12日

    読んで良かった。楽しかった。ネコ。ねこ!なんで2作目から始めたのだろう。解せない。つづき、楽しみにする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月06日

    NYブルックリンの書店。従業員を従え、客を選び、君主の如くお店に君臨するは黒猫ハムレット。
    権力をふるい、愛想はふりまかず、しかし鋭敏な頭脳と勇気ある行動で人間たちの事件を解決に導く!
    そんな猫に振り回される、書店のオーナー、ダーラが主人公です。
    (作中でエドガー・アラン・ポォの「モルグ街の殺人」の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年07月04日

    動機まではわからなかったけど、バリーが怪しい…と始めのほうで思っていた。
    そしてなぜだか、なかなか読み進められなかった。あまり、作家との相性が良くないのかもしれない。
    とは思うけど、またシリーズが出たら読みます!

    でもハムレット可愛い!
    私もハムレットとグータッチしたい。許されないかもしれないけど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています