書店猫ハムレットのお散歩

書店猫ハムレットのお散歩

作者名 :
通常価格 1,324円 (1,204円+税)
紙の本 [参考] 1,386円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ダーラが経営するニューヨークの書店では、最近、店のマスコットの黒猫ハムレットの元気がない。愛想がないのはいつもどおりだけれど、お客をひとりも追い出していないし、買い物袋を爪で引き裂いたりもしていない。これはおかしい。“猫の行動の共感力者”と名乗る猫のセラピストによると、自分を出来損ないのように感じているという。あのふてぶてしいハムレットがそんなふうに思っているとは! 愕然とするダーラだったが、通っている武術道場で、さらに驚きのできごとが……。名探偵(かもしれない)黒猫が大活躍するコージー・ミステリ! シリーズ第2弾。

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
403ページ
電子版発売日
2016年03月25日
紙の本の発売
2016年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

    Posted by ブクログ 2016年11月21日

    書店猫ハムレットのシリーズ、邦訳2作目。
    賢い黒猫ハムレットが事件解決に一役買います。

    ニューヨークで書店を経営することになったダーラは30代。
    書店と一緒に受け継いだ店のマスコット猫がハムレット。
    大きくて気難しいハムレットにようやく認められたよう?
    そのハムレットがなんだか元気がない‥
    猫の共...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月09日

    冒頭から、主人公の経営する書店で読書クラブが開催されていたり、主人公が通う武道場の師匠がイタリアングレーハウンドを飼っていたり、私的にツボの多いコージーミステリでした。
    ローマ(イタリアングレーハウンドの名前)かわいいよ…。
    以前は謎解きやトリック、犯人当てに主眼を置いて読んでいたミステリだけど、大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    本屋と黒猫とミステリー。
    小さな犬のエピソードが良かった。
    事件やストーリーは単調で退屈気味。猫の推理や怪しいトレーナーも無理やり感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月31日

    うーんうーんうーん。
    ハムレットの活躍をせめてココぐらいに抑えて欲しいの。ミセス・マーフィーまでいくと冷めちゃうの。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています