短編小説のレシピ

短編小説のレシピ

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

800編もの短編小説を生み出してきたマエストロがみずから解説・案内する、短編小説の醍醐味。短いだけに、あらゆる技法を駆使した作品は、おもしろさも多彩。小説創りの源泉と技をも教えてくれる。向田邦子、芥川龍之介、松本清張、中島敦、新田次郎、志賀直哉、夏目漱石、ロアルド・ダール、エドガー・アラン・ポーなど10人の作家の、名作やユニークな作品を具体例として選んで特徴を解説し、短編の構造と技法に迫る。短編小説をより楽しく読むためにも、また書くためにも役立つヒントが満載。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2015年09月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

短編小説のレシピ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年08月06日

    とても参考になった。

    いろんな本が紹介されていて、物語を作る上での手法が紹介されている。

    たくさんの短編を書いている阿刀田高だからこその説得力もある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月03日

    阿刀田先生独特の言い回しに慣れてしまえば、
    すいすいと読めます。
    すいすいと読めるけれど、短編を実際に書いている人
    ならではの、深い技術的な話が出てきます。

    夏目漱石に対する評価は、さすが、です。
    普通、ここまで書けない。
    尊敬します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月29日

    再読中。阿刀田先生ご本人の短編の書き方をはじめ、様々な作家の作品の読み方・構成などについても解説。読み手にも書き手にもためになります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月19日

    阿刀田高による短編小説の案内本、解説本。高校や中学の国語の教科書に掲載されている(いた?)こともあるようです。

    著者の阿刀田高は1935年、東京生まれ。早稲田大学文学部仏文科を卒業。現在は直木賞、集英社小説すばる新人賞の選考委員もしており、先日の直木賞発表でも新聞にコメントが載ってました。

    本書...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月03日

    短編小説に苦手意識を持っていたので読んでみた。文豪の作品を引用しながら進行することで、まるで学校の国語の授業のように感じた。この作品を読んだことで短編小説だけでなく長編小説も楽しめそうだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月06日

    とっても面白いです。

    載ってた本、読んでみたくなりました。特に漱石は短編小説のイメージなかったんで、こんなんもあったのかと、目から鱗(用法不適切?)

    ともすれば、無味乾燥に見える文章が解説一つで鮮やかに。
    小説ってこうやって読むのか~って感じですね。
    御自分の作品の作成過程(ネタばらし)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月26日

    [ 内容 ]
    八百編もの短編小説を生み出してきたマエストロがみずから解説・案内する、短編小説の醍醐味。
    短いだけに、あらゆる技法を駆使した作品は、おもしろさも多彩。
    小説作りの源泉と技をも教えてくれる。
    向田邦子、芥川龍之介、松本清張、中島敦、新田次郎、志賀直哉、夏目漱石、ロアルド・ダール、エドガー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月27日

    短編小説とは何か。
    どう書くのか、どう楽しむのか。についての本。

    著者自身、短編小説の名手であるので、とても楽しく読める。
    この方が、自分の小説について取り上げて語っているのは許せるし、面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    短編小説のレシピと言っても、これは短編小説の書き方ハウツー本ではない。

    短編の名手、阿刀田 高が小説家としての目線から短編小説の楽しい読み方を教えてくれる本だ。小説を

    書きたい、または書いているという人にとっては、ハウツー本ではないけれど、書き方についてのヒント

    もたくさん詰まった教科書でもあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    著者の読んでいる範囲での短編小説レビュー。この読んでいる範囲が半端ではないぞと感じさせる。また、各編の創作過程を想像しているのだが、当然小説家のプロの目で読み推理しているので我々読者とは違った視点が多く楽しめる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています